『コロナ禍における医療・介護従事者への心のケア』が「トラウマティック・ストレス」に紹介されました

前田正治編著『コロナ禍における医療・介護従事者への心のケア』「トラウマティック・ストレス20巻1号」(日本トラウマティック・ストレス学会発行 金剛出版販売)の書評に紹介されました。

 

コロナ感染症パンデミックは、多くの人の生活スタイルを変え、職を失わせ、人間関係も変えていった。そのようななか、メンタルヘルスにおいて最もハイリスクなのが、最前線の医療従事者である。治療薬もない状況下、ワクチン接種のみで患者の治療やケアを担う医療従事者は、クラスター発生がもたらす混乱のなかで疲弊し、さらに偏見やデマ、スティグマなどが追い打ちをかけ、まさにギリギリの状態で医療活動に従事している。
このような背景のなか、クラスターの起きた病院関係者への心の支援に注力している福島県立医科大グループにより、第一線で感染症対応にあたっている医療・介護従事者(レスポンダー)への外部からのさまざまな支援方法、病院への対応方法、セルフケアなどをまとめたものが本書である。Ⅱ部には医療従事者による座談会も掲載した。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加