患者と分析者 [第2版]

精神分析の基礎知識

患者と分析者 [第2版]

精神分析治療における基本概念の意味とその発展を明確にした。世界で最も読まれている臨床精神分析の教科書

著者 J.サンドラー
C.デア
A.ホルダー
A.U.ドレーヤー
藤山 直樹 監訳
北山 修 監訳
ジャンル 精神分析
出版年月日 2008/07/20
書店発売日 2008/07/20
ISBN 9784414414318
判型・ページ数 A5 ・ 246ページ
定価 3,300円(税込)
在庫 品切れ・重版未定

この本へのお問い合わせ・感想

フロイトが用いた精神分析治療の諸概念は今日かなり混乱して用いられている。本書は、心理療法における治療関係や治療過程を正しく理解するために、治療同盟、転移、逆転移、抵抗、行動化、解釈などの基本概念を、歴史的変遷をふまえながら体系的に明確化した、世界で最も読まれていると思われる臨床精神分析の教科書である。第2版では、初版刊行後20年近くの研究知見を250に及ぶ参考文献とともに新たな章の追加と全般的な増補・改訂を行った。 原書名:THE PATIENT AND THE ANALYST. 2nd ed.The Basis of the Psychoanalytic Process

第1章 序論
第2章 分析状況
第3章 治療同盟
第4章 転移
第5章 さまざまな種類の転移
第6章 逆転移
第7章 抵抗
第8章 陰性治療反応
第9章 行動化
第10章 解釈とその他の介入
第11章 洞察
第12章 ワーキング・スルー
参考文献

ご注文

3,300円(税込)

ネット書店で購入する

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • honto
  • HMV&BOOKS online
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • Honya Club.com
  • ヨドバシ.com
  • bookfanプレミアム

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加