子どもへの性暴力

その理解と支援

子どもへの性暴力

性暴力を受けて悩んでいる子どもをどう理解しどう支援していくかについて臨床心理を中心とした現場の専門家から最新の知見を集めた

著者 藤森 和美
野坂 祐子
ジャンル 臨床心理学  > トラウマ・虐待
出版年月日 2013/03/20
書店発売日 2013/03/25
ISBN 9784414400779
判型・ページ数 B5 ・ 176ページ
定価 2,640円(税込)
在庫 在庫あり

この本へのお問い合わせ・感想

子どもが学校や地域社会、家庭で性に関する暴力を受けているという現実はこれまで正面切って語られてこなかった。しかし、実際に性暴力を受けて悩んでいる子どもは大変多く、また発達にも影響を及ぼしている。このような現実を直視し、子ども達を支援し、健やかな発達を促すために、臨床心理士、教師を始めとする学校関係者、保護者に広く事実の啓蒙を促す。同時に心理臨床、精神科医療、法律、社会福祉の専門家が現場からの知見を述べる。

第一部 子どもに対する性暴力――概論
第1章 子どもへの性暴力による被害の実態(野坂祐子)
 第1節 子どもの性被害をとりまく現状
 第2節 子どもが受ける性暴力の状況
 第3節 性被害による子どもへの影響

第2章 性暴力が子どもの発達に与える影響(井ノ崎敦子)
 第1節 各発達段階における性暴力の影響
 第2節 性暴力被害を受けた子どもへの発達的要因を考慮した支援

第3章 性的虐待の発見と子どもへの影響(佐藤史)
 第1節 児童虐待と性的虐待
 第2節 性的虐待を受けた子ども
 まとめ 性的虐待の今後

第4章 性暴力を受けた子どもの性問題行動(浅野恭子)
 はじめに 性問題行動の危険性
 第1節 発達過程に見られるその年齢に典型的な性行動
 第2節 性的遊びか、性問題行動か
 第3節 子どもの性問題行動はなぜ生じるか——事例を通して
 第4節 子どもの性問題行動を引き起こす要因と抑止する要因
 第5節 子どもの性問題行動への対応
 まとめ 性行動の背景を見極める

第5章 性暴力被害の長期的影響(小西聖子)
 第1節 長期的な影響の考え方
 第2節 限定的な影響がある場合
 第3節 やや複雑な被害の場合
 第4節 長期にわたる性的虐待が発達に影響を与えている場合
 まとめ 研究の紹介

第二部 性被害を受けた子どもへの支援――実践編
第6章 学校における介入支援の実際(藤森和美)
 第1節 学校が専門家に支援を要請する重要性
 第2節 被害調査は慎重に
 第3節 目標の設定
 第4節 言い出せない性犯罪暴力被害の実態
 まとめ 子どもを社会で守る姿勢を

第7章 保護者に対する心理教育(野坂祐子)
 第1節 性暴力による保護者への影響
 第2節 保護者への心理教育

第8章 性的トラウマに焦点を当てた支援の実際(亀岡智美)
 第1節 支援のための基本姿勢
 第2節 支援の実際
 第3節 将来の安全感と発達の強化

第9章 支援者の性に関する意識と自己理解(白井明美)
 はじめに 支援者のケア
 第1節 支援者のもつ性の価値観——ジェンダーの視点
 第2節 支援者の恐れと傷つき——二次的外傷性ストレスとその影響
 第3節 支援者のメンタルヘルスを守るためにできる対応策
 まとめ 時代に即した対応を

第10章 男性支援者が女子被害者に支援を行ううえでの臨床姿勢(松浦正一)
 はじめに 表面化は氷山の一角
 第1節 異性の支援者の受け入れ
 第2節 子どもの話を聴く姿勢
 第3節 プレイセラピーにおける関わり
 第4節 男性の支援者の可能性と限界
 まとめ 成果を焦らずゆっくりと

第11章 性暴力被害に学校やスクールカウンセラーがどう関われるか(山本直美)
 はじめに 性暴力被害を受けた児童・生徒に学校の支援の手をいかに届けるか
 第1節 心理教育による理解
 第2節 性暴力被害を受けたあと、早期に支援が行えたケース
 第3節 性的虐待を受けた児童・生徒へ教職員や関係機関とチームを組んでの支援
 第4節 知り合いや付き合っている人から性暴力被害を受けたケース
 第5節 学校における支援について

ご注文

2,640円(税込)

ネット書店で購入する

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • honto
  • HMV&BOOKS online
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • Honya Club.com
  • ヨドバシ.com
  • bookfanプレミアム

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加