ホーム > 悲嘆カウンセリング

悲嘆カウンセリング

臨床実践ハンドブック

悲嘆カウンセリング

大切な人を失い悲嘆に暮れる人をいかに援助するか、本書はグリーフワークに同行する人々が必携すべき地図でありバイブルといえよう。

著者 J.W.ウォーデン
山本 力 監訳
上地 雄一郎
桑原 晴子
濱崎 碧
ジャンル 臨床心理学 > 心理療法(カウンセリング)
出版年月日 2011/09/05
ISBN 9784414414455
判型・ページ数 A5・350ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序論:新しい悲嘆の概念                    
第1章 愛着,喪失,悲嘆経験                         
1 愛着理論  
2 悲嘆は病気か    
3 通常の悲嘆  
4 悲嘆と抑うつ  
第2章 喪の過程における4つの課題          
1 喪の過程の理論モデルの変遷  
2 喪の課題  
3 死別対処の二重プロセスモデル  
第3章 喪の過程に影響を与える媒介要因               
1 媒介要因1:亡くなった人は誰か  
2 媒介要因2:愛着の性質  
3 媒介要因3:どのように亡くなったか    
4 媒介要因4:過去の喪失経験や既往歴  
5 媒介要因5:パーソナリティに関する変数  
6 媒介要因6:社会的変数  
7 媒介要因7:連鎖的ストレス  
8 注意すべきこと  
9 喪はいつ終了するのか  
第4章 悲嘆カウンセリング:通常の悲嘆の促進         
1 悲嘆カウンセリングの目標  
2 リスクの高い配偶者を確認すること  
3 悲嘆カウンセリングの原則と手続き  
4 役に立つ技法  
5 医薬品の使用  
6 グループによる悲嘆カウンセリング  
7 悲嘆の促進と葬儀の役割  
8 悲嘆カウンセリングは機能するか  
第5章 異常な悲嘆反応:複雑な喪の過程      
1 なぜ人は悲嘆の営みに失敗するのか  
2 悲嘆はどのように悪化するのか  
3 複雑性悲嘆に関する新たな診断基準の試み  
4 複雑性悲嘆の現行モデル  
5 複雑な喪の過程の診断  
第6章 悲嘆セラピー:複雑性悲嘆の解消           
1 悲嘆セラピーの適応   
2 悲嘆セラピーの目標と設定  
3 悲嘆セラピーの手続き  
4 悲嘆セラピーの際に特に考慮すべきこと  
5 技法とタイミング  
6 悲嘆セラピーで報告される夢  
7 夢を扱う際の留意事項  
8 効果の評価  
第7章 喪失の特別なタイプと悲嘆の営み            
1 自殺(自死)    
2 突然死  
3 乳幼児突然死症候群(SIDS) 
4 流産  
5 死産  
6 妊娠中絶  
7 予期悲嘆  
8 エイズ(後天性免疫不全症候群)  
第8章 悲嘆と家族システム                   
1 システムとしての家族の捉え方  
2 子どもの死  
3 親に死なれた子ども  
4 家族への介入の方法  
5 高齢者と悲嘆  
6 家族の要求 対 個人の要求  
第9章 カウンセラー自身の悲嘆                    
1 カウンセラーの悲嘆    
2 喪失体験の個人史  
3 ストレスと燃え尽き  
第10章 悲嘆カウンセリングの訓練――研修方法と事例スケッチ 

このページのトップへ

内容説明

大切な人を失うほど悲しく辛い経験はない。それでも遺された人は、周囲に支えられながら、その人がいない世界に馴れ、適応していく。初版以来高い評価を受けてきた本書は、遺された人のグリーフワークの旅路に寄り添い、同行する人たちが必携すべき「地図」であり、バイブルと評されている。臨床心理士や看護師、精神科医、ソーシャルワーカー、そして支援者の人たちにぜひお奨めしたい。
原書名:Grief Counseling and Grief Therapy:A Handbook for the Mental Health Practitioner.4th Ed.

このページのトップへ

関連書籍

喪失と悲嘆の心理臨床学

喪失と悲嘆の心理臨床学

あの『対象喪失』をしのぐ待望の専門書誕生

著者:山本 力
 
 

このページのトップへ