ホーム > 日記とはなにか

日記とはなにか

質的研究への応用

日記とはなにか

日々の出来事を綴る日記から、人間社会における様々な行動原理を抽出し解説していく社会心理学書。

著者 A.アラシェフスカ
川浦 康至
田中 敦
ジャンル 社会心理学
出版年月日 2011/05/30
ISBN 9784414304190
判型・ページ数 4-6・286ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 日記の発展と利用
第2章 日記を研究する
第3章 研究を始めよう
第4章 データを集める──日記とガイドライン、サポート
第5章 日記を分析する──数値、内容、構造
第6章 結論──日記研究の可能性をさぐる

このページのトップへ

内容説明

日々の出来事を綴る日記から、人間社会における様々な行動原理を抽出し解説していく社会心理学書。現代では看護、経理、組織の管理の分野で、「反省のための資料」として日記の活用法に期待が集まっており、本書ではデータの集め方からその構造の理解、分析のメソッドを探っていく。『土佐日記』『和泉式部日記』など、日本人にもなじみのある日記がサンプルとして登場。各章の冒頭に章におけるねらいを明示し、図を織り交ぜて詳説した。
原書名 Using Diaries for Social Reserch  

このページのトップへ