ホーム > ロジャーズ選集 下

ロジャーズ選集 下

カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文

目次

第Ⅴ部 人間の科学
 18 行動科学における現行の前提諸条件について 1968
 19 もっと人間的な人間科学に向けて 1985
第Ⅵ部 教育
 20 教授と学習についての私見 1957
 21 学習を促進する対人関係 1967
 22 教育の政治学 1977
第Ⅶ部 援助専門職
 23 グループのなかで促進的人間であることができるか? 1970
 24 援助専門職の新しい挑戦課題 1973
 25 援助専門職の政治学 1977
第Ⅷ部 人間論
 26 「人間の本質」について 1957
 27 十分に機能する人間――よき生き方についての私見 1961
 28 現実は「ひとつ」でなければならないか? 1978
第Ⅸ部 より人間らしい世界
 29 社会的な意義 1960
 30 異文化間の緊張の解決 1977
 31 一心理学者、核戦争をこう見る 1982
 32 ルスト・ワークショップ 1986
 33 ソビエトにおける専門職世界の内側 1987

このページのトップへ

内容説明

カール・ロジャーズ(1902-1987)はアメリカ史上最も影響力のあるサイコロジストであり、ことに「クライエント中心療法」の提唱者として有名である。本書は、そのロジャーズの60年あまりの長いキャリアから多様で深みのある業績を一望するに最適の書といえよう。個人的成長、教育、科学、哲学といった専門的な論文から私生活におけるエッセイまで未邦訳のものも含め33著作を紹介する。原書名 THE CARL ROGERS READER

このページのトップへ

関連書籍

ロジャーズ選集 上

ロジャーズ選集 上

生涯の仕事を一望するに最適な著作を収録

 
 

このページのトップへ