ホーム > ロジャーズ選集 上

ロジャーズ選集 上

カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文

目次

第Ⅰ部 私を語る
 1 私を語る 1961
 2 私の結婚 1972
 3 老いること――成長しながら老いること 1980
 4 85歳を迎えて 1987
第Ⅱ部 セラピーの関係
 5 より新しいサイコセラピー 1942
 6 指示的アプローチ対非指示的アプローチ 1942
 7 ハーバート・ブライアンのケース 1942
 8 援助関係の特質 1958
 9 気持ちのリフレクション(反映)と転移 1986-1987
 10 クライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチ 1986
第Ⅲ部 過程のなかの人間
 11 症例 エレン・ウェストと孤独 1961
 12 価値に対する現代的アプローチ――成熟した人間における価値づけの過程 1964
 13 結婚しますか? 1972
第Ⅳ部 理論と研究
 14 二つの研究から学んだこと 1986
 15 サイコセラピー技術の改善における電気録音面接の利用 1942
 16 セラピーによるパーソナリティ変化の必要にして十分な条件 1957
 17 クライエント・センタードの枠組みから発展したセラピー、パーソナリティ、人間関係の理論 1959

このページのトップへ

内容説明

カール・ロジャーズ(1902-1987)はアメリカ史上最も影響力のあるサイコロジストであり、ことに「クライエント中心療法」の提唱者として有名である。本書は、そのロジャーズの60年あまりの長いキャリアから多様で深みのある業績を一望するに最適の書といえよう。個人的成長、教育、科学、哲学といった専門的な論文から私生活におけるエッセイまで未邦訳のものも含め33著作を紹介する。原書名 THE CARL ROGERS READER

このページのトップへ

関連書籍

ロジャーズ選集 下

ロジャーズ選集 下

専門的論文から随筆まで多様な著作を収録

 
 

このページのトップへ