ホーム > 臨床心理実習論

臨床心理実習論 [臨床心理学全書4]

臨床心理実習論
著者 下山 晴彦
ジャンル 臨床心理学 > 心理臨床一般
シリーズ 臨床心理学全書
出版年月日 2003/09/05
ISBN 9784414413243
判型・ページ数 B5・430ページ
定価 本体5,100円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 臨床心理実習の理念と方法 (下山晴彦)
第2章 基礎的体験学習 (岡田康伸)
第3章 臨床心理査定演習 (高石浩一)
第4章 臨床心理基礎実習 (下山晴彦)
第5章 臨床心理面接演習1――個人 (溝口純二)
第6章 臨床心理面接演習2――家族・集団 (平木典子)
第7章 臨床心理面接演習3――地域・社会 (金沢吉展)
第8章 臨床心理実習1――スーパーヴィジョン (一丸藤太郎)
第9章 臨床心理実習2――現場研修 (津川律子)

このページのトップへ

内容説明

日本の臨床心理学の伝統を基礎にしつつも、学派の違いを越えて活動内容やレベルを一定以上に保つための教育訓練プログラムを確立することを目指し、臨床心理学の教育と訓練のモデルを提示した書。大学院における教育訓練のカリキュラムを構成する際に役立つ内容となっている。

このページのトップへ

関連書籍

臨床心理学原論

臨床心理学原論 [臨床心理学全書1]

臨床心理士に求められる水準を示した決定版

著者:大塚 義孝
 
臨床心理面接学

臨床心理面接学 [臨床心理学全書3]

臨床心理学の四大理論について専門家が論述

著者:東山 紘久
 
 

このページのトップへ