ホーム > 夢の臨床的利用

夢の臨床的利用

目次

序章 治療状態における夢の力動的概念
第1章 夢の象徴性
第2章 夢における感情
第3章 紹介夢
第4章 夢に現われる性(セクシュアリティ)
第5章 夢の中の不安
第6章 夢における抵抗
第7章 夢の解釈活動
第8章 心の健康さの発展を示す夢
第9章 夢の中に現われる分析家
第10章 終結の夢
第11章 治療面接での夢の取り扱い

このページのトップへ

内容説明

著者はカレン・ホーナイの流れを汲んだ文化派、対人関係派である。臨床事例を中心に書かれているので、理論に囚れず、臨床の現場で役立とう。精神分析や心理療法での夢の臨床的利用についての本格的書物はこれまで皆無であったため、現場の臨床家には待望の書である。原書名 THE CLINICAL USE OF DREAMS

このページのトップへ