ホーム > プロパガンダ

プロパガンダ

広告・政治宣伝のからくりを見抜く

目次

1 プロパガンダの時代 

第1章 日常生活のなかの説得
2 神秘的な影響力 
3 思慮のないプロパガンダ、思慮深い説得 
4 合理化に努める動物 

第2章 説得のお膳立て―効果的な説得を行うために
5 言葉の魔術 
6 頭のなかの絵 
7 サダム・フセイン―現代のヒトラー 
8 的確な質問をすること 
9 「おとり」の力 
10 事実もどき 

第3章 伝達者の信憑性―本物とまがい物
11 信憑性の高い伝達者 
12 チャンピオンが口にするものを食べる 
13 信頼されていない場合の説得 
14 信憑性を演出する 
15 プロボクサーの姿が一一人を殺す―マスメディアに登場するモデルの影響

第4章 メッセージ―それはどのように伝達されるのか 
16 パッケージ 
17 自分を納得させる 
18 すきまだらけの屋根裏と身近な勇士―鮮明なメッセージの効果 
19 同じ広告が何度も繰り返される理由は? 
20 何も言うことがないなら、気を逸らせよう 
21 一センチ獲得したいなら、ときには一キロ要求するのです!
22 プロタゴラスの理想―一面的な称賛と二面的な討論 

第5章 感情にアピールする説得
23 恐怖アピール 
24 グランファルーン・テクニック 
25 罪悪感で説得する 
26 花一輪をプレゼントすることの効果 
27 これくらいなら・・・・・・ 
28 希少性の心理と幻の神秘 

第6章 説得の戦略を打ち破るために 
29 サブリミナル(識閾下)の魔術―誰が誰をたぶらかすのか 
30 プロパガンダに抵抗する法―実際どのように宣伝に抵抗するのか 
31 教育か、それとも宣伝か 

第7章 情報戦略が失敗するとき―プロパガンダと社会
32 情報戦略の無効性 
33 ニュースとは何か 
34 ダイレクトメールによる説得 
35 カルトの教祖になる方法 
36 第三帝国の宣伝―不確実性のケース  
37 ペイソの子孫たち 

このページのトップへ

内容説明

本書は、カルト問題、サブリミナル、ナチの宣伝技術等、多岐に渡る説得に関わる現象やテクニックを37の節に分けてどこからでも読めるようになっている。日常の政治や広告界での説得者の真の意図や資質を見抜くための知識を得る。(2017.1/第17刷よりカバーデザイン変更)
原書名 AGE OF PROPAGANDA: The Everyday Use and Abuse of Persuasion

このページのトップへ

関連書籍

影響力の武器 実践編

影響力の武器 実践編(電子書籍)

多数の実例を基に説得の技術と活用法を解説

 
影響力の武器[第三版]

影響力の武器[第三版]

話題のロングセラー。新訳にて第三版刊行!

 
 
影響力の武器 実践編

影響力の武器 実践編(単行本)

多数の実例を基に説得の技術と活用法を解説

 
影響力の武器 コミック版

影響力の武器 コミック版

「イエス」と言わせる心理学の原理がわかる

 
 

このページのトップへ