ホーム > フロイトの書き方

フロイトの書き方

フロイトの書き方
著者 P.J.マホーニィ
北山 修 監訳
ジャンル 精神分析
出版年月日 1996/04/10
ISBN 9784414402612
判型・ページ数 A5・266ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

1 フロイトが書いたものの広がり――概観
2 実例としての二つのテクスト
3 観客に十分訴えかけること
4 確実さの割合
5 比喩的言語の源泉
6 文体の働き
7 理論とその人
8 後記:精神分析的にフロイトを読むこと

このページのトップへ

内容説明

フロイトのずば抜けた能力である書くことに焦点を当て、フロイト作品の読み方を一変させた第一級の専門書。豊富な文献を駆使し緻密な手続きを経て主張するマホーニィの仕事は、狭いフロイト学の範囲を越えて広く文化諸科学全般に関わるものである。原書名 Freud as a Writer

このページのトップへ