ホーム > プレイセラピー実践の手引き

プレイセラピー実践の手引き

治療関係を形成する基礎的技法

プレイセラピー実践の手引き

言葉ではうまく自分の気持ちや考えを表現できないクライエントを対象に、遊ぶことや様々な遊具を通して行うセラピーのコツを満載

著者 M.ジョルダーノ
G.ランドレス
L.ジョーンズ
葛生 聡
ジャンル 臨床心理学
臨床心理学 > 心理療法(カウンセリング)
出版年月日 2010/09/01
ISBN 9784414414417
判型・ページ数 B5・238ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1章 子ども中心プレイセラピー
2章 プレイセラピーの部屋と遊具
3章 プレイセラピー初回セッションへの準備*
4章 プレイセラピー・セッションの構造化
5章 非言語的な行動の承認(トラッキング[後追い])
6章 内容の伝え返し
7章 感情の伝え返し
8章 意思決定力と責任感を育む
9章 自尊心形成を促し自信を育む
10章 制限を設定する
11章 治療的な応答の理解、遊びの中での行動、治癒の促進、および終結
12章 子どもが自己統制や自制心を育てるのをどのように援助するかを両親に教える
13章 事例研究――学校場面における行動上の問題
14章 事例研究――悲喪と乳幼児突然死症候群(SIDS)
15章 事例研究――きょうだいのライバル意識
16章 事例研究――怒りと攻撃性
17章 事例研究――離婚
18章 事例研究――性的虐待とトラウマ
19章 技法習得ロールプレイと評価表
20章 ビデオによる振り返り――治療的な応答を見つけて伸ばす

このページのトップへ

内容説明

本書では読者がプレイセラピーの基本を習得できるように、セッションのやりとりが初回から細かく示される。同時並行して、そのどこが問題かを指摘し、修正後の模範的なやりとりも示される。このことによって様々な事例ごとに具体的にどういうセラピーを行えばよいのかが理解できるようになっている。プレイセラピーの初心者からベテランまで日頃の臨床に役立つ構成になっている。原著名:Play Therapy:The Art of the Relationship

このページのトップへ

関連書籍

遊戯療法と箱庭療法をめぐって

遊戯療法と箱庭療法をめぐって

非言語的な心理療法のメカニズムを解明する

著者:弘中 正美
 
遊戯療法の実際

遊戯療法の実際

個々の事例から普遍に至る臨床心理の妙味

著者:河合 隼雄 編著
山王教育研究所 編著
 
 

このページのトップへ