ホーム > 福祉の哲学 [改訂版]

福祉の哲学 [改訂版]

福祉の哲学 [改訂版]

テキストとして、また大学入試問題にも使用された好評の初版に、1章分を加筆し体裁も大幅に変更。高校の道徳の副読本にも最適

著者 阿部 志郎
ジャンル 社会福祉
出版年月日 2008/06/20
ISBN 9784414603293
判型・ページ数 4-6・216ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 呻きに答える
第2章 出会い
第3章 文明病
第4章 老い
第5章 魂の美しさ
第6章 「助ける、なぜ悪い」
第7章 共に生きる
第8章 世界に目を開く
第9章 ヒューマン・サービス──新しい文化を拓く

このページのトップへ

内容説明

50年間、福祉の現場と大学での教育に携わってきた著者が綴る、福祉を目指す人へのメッセージ。ハンセン病患者の呻き、障害児の母の流した涙、施設入所を拒む老人、難民の少女の叫びなど、さまざまな人の生き様に触れ、苦悶し、自省し、思索し、勇気づけられた経験と想いを平易に語りかけた、すべての福祉関係者必読の書。新たに1章分を加筆し、装丁、版型も新たにした待望の改訂版。

このページのトップへ

関連書籍

福祉援助の臨床

福祉援助の臨床

福祉援助職者の責任と行動の指針を説く

著者:窪田 暁子
 
 

このページのトップへ