ホーム > 風景構成法のときと語り

風景構成法のときと語り

風景構成法のときと語り
著者 皆藤 章 編著
ジャンル 臨床心理学 > 芸術療法
出版年月日 2004/09/01
ISBN 9784414400175
判型・ページ数 A5・230ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 風景構成法の〈方法〉に向けて
2 心理臨床において風景構成法がもたらされるとき
3 風景構成法の具体と心理臨床
4 風景構成法体験の語り
5 風景構成法体験がもたらしたもの
6 あるうつの青年との心理療法のプロセスのなかで風景構成法を用いた事例    
7 事例のなかの風景構成法

このページのトップへ

内容説明

本書は心理臨床の側から、風景構成法の側から「語る」という視点で、「対話」というスタイルを随所に取り入れている。臨床家が実践のトポスに身を置き風景構成法と対話する中で語りがもたらされる。科学的実証主義と臨床的真実との間で葛藤し続ける著者が、関係性に基盤をおいた心理臨床学を提示。

このページのトップへ

関連書籍

臨床風景構成法

臨床風景構成法

従来とは異なる角度から臨床に資する新論考

著者:岸本 寛史
山 愛美
 
風景構成法
 
 
風景構成法の事例と展開

風景構成法の事例と展開

児相病院司法の事例と編著対談コメント

著者:皆藤 章 編著
川嵜 克哲 編著
 
 

このページのトップへ