ホーム > 風景構成法

風景構成法

その基礎と実践

風景構成法
著者 皆藤 章
ジャンル 臨床心理学 > 芸術療法
出版年月日 1994/07/25
ISBN 9784414401691
判型・ページ数 A5・332ページ
定価 本体3,850円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第Ⅰ部 風景構成法の概説
 第1章 風景構成法とは
 第2章 風景構成法の理論的背景
第Ⅱ部 風景構成法の読みとりに関する研究
 第3章 風景構成法における構成プロセス
 第4章 風景構成法における人物像と風景の中の自己像
 第5章 風景構成法における誘目性
 第6章 心理臨床のなかの風景構成法――ある女性の入院から結婚まで
 第7章 心の成長と描画の変容――死と親和性のある少年
 第8章 風景構成法からみた心理療法過程――幻聴に苦しむ症男性
 第9章 事例研究の中の風景構成法――読みとりの解説を中心に
第Ⅲ部 数量的研究
 第10章 風景構成法と多技法との比較
 第11章 風景構成法の再検査信頼性
 第12章 風景構成法における項目提示順序
 第13章 数量的研究のための読みとり指標

このページのトップへ

内容説明

風景構成法は従来医療の実際場面との関連が主であったが、本書では臨床心理学の立場からアプローチし、数量的測定的な研究によってその存在価値を明らかにした。考え、施行法、分析法などについて平易に述べ、初心者に対する手引きとしても役立つ。

このページのトップへ

関連書籍

臨床風景構成法

臨床風景構成法

従来とは異なる角度から臨床に資する新論考

著者:岸本 寛史
山 愛美
 
風景構成法のときと語り

風景構成法のときと語り

査定の道具でなく関係性の中で時を待つ療法

著者:皆藤 章 編著
 
 
風景構成法の事例と展開

風景構成法の事例と展開

児相病院司法の事例と編著対談コメント

著者:皆藤 章 編著
川嵜 克哲 編著
 
 

このページのトップへ