ホーム > 表現アートセラピー

表現アートセラピー

創造性に開かれるプロセス

目次

1 全体にいたる道 ――パーソン・センタード表現アートセラピー
2 創造性の促進
3 探求の開始
4 クリエイティブ・コネクション(1) ――ムーブメントと書くこと
5 クリエイティブ・コネクション(2) ――アート、音楽、瞑想
6 クライエントと共に用いる表現アート
7 表現アートの応用
8 影の受容と光の抱擁
9 アートによる霊性の発見
10 異文化交流のかけ橋
11 未来のための創造性と意識
付記 材料

このページのトップへ

内容説明

「表現アートセラピー」とは、絵画、ダンス、音楽などの様々なアートを自在に組み合わせ、人間が本来もつ内的な成長プロセスを育む統合的な独自のアプローチであり、嗜癖者への適用、教育の現場での適用など多様な場面で可能性をもつ。本書はその理論と実際を事例やエクササイズも豊富にまじえ、わかりやすく示す。原書名:THE CREATIVE CONNECTION: Expressive Arts as Healing

このページのトップへ

関連書籍

表現アートセラピー入門

表現アートセラピー入門

教育や日常の場で表現できる力を身につける

著者:小野 京子
 
芸術と心理療法

芸術と心理療法

心理療法と芸術の統合による癒しの再発見

 
 

このページのトップへ