ホーム > 発達心理学の新しいかたち

発達心理学の新しいかたち [心理学の新しいかたち6]

発達心理学の新しいかたち

テーマ・領域別に最前線の論考を集め、理論に基づいて実践を志向するプラクシスの学として、発達心理学の再定位に挑む

著者 遠藤 利彦 編著
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学の新しいかたち 
出版年月日 2005/08/30
ISBN 9784414301571
判型・ページ数 A5・316ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

序論
 1 発達心理学の新しいかたちを探る (遠藤利彦)
第Ⅰ部 生まれと育ち──再考
 2 遺伝環境問題の新しいかたち (安藤寿康)
 3 比較発達研究の新しいかたち (板倉昭二)
第Ⅱ部 心の始原と発達
 4 乳児認知研究の新しいかたち―注視時間法における課題と今後の展開 (開 一夫)
 5 語彙獲得研究の新しいかたち (針生悦子・今井むつみ)
 6 “心の理解”研究の新しいかたち (木下孝司)
第Ⅲ部 プラクシスの学としての発達心理学
 7 「母子関係」を越えた親子・家族関係研究 (数井みゆき)
 8 障害児発達研究の新しいかたち (別府 哲)
第Ⅳ部 生涯発達における連続性と不連続性
 9 老年期の語り、意味、自己 (野村晴夫)
 10 ライフコース研究の新しいかたち (菅原ますみ)

このページのトップへ

内容説明

少子高齢化が進むなか、社会は発達心理学に、様々な発達現象への現実的な意味、具体的な応用可能性や限定性への提言を求めている。本書は、テーマ・領域別に最前線の論考を集め、理論にもとづいて実践を志向するプラクシスの学として、発達心理学の再定位に挑んだものである。

このページのトップへ