ホーム > はじめてのカウンセリング入門 上

はじめてのカウンセリング入門 上

カウンセリングとは何か

はじめてのカウンセリング入門 上

カウンセリングの技術の核心、カウンセラーに必要な条件、悩みを相談された時のパターンなど、カウンセリングの世界の大枠を解説

著者 諸富 祥彦
ジャンル カウンセリング
出版年月日 2010/07/20
ISBN 9784414403688
判型・ページ数 4-6・188ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに――カウンセリングを学びはじめるにあたって
■パート1 カウンセリングとはなにか
レッスン1 「カウンセリングの核心」とは
レッスン2 本気で生きよ。自分を見つめよ――カウンセラーを目指すうえで、もっとも必用なもの
  カウンセラーを目指すための三つの条件
レッスン3 カウンセリングを学ぶと、人生が変わる!
レッスン4 身近な体験からカウンセリングを考える
  悩みを相談したくなるときの、五つのパターン
レッスン5 カウンセリングと、似ているもの(隣接領域)との違い
  カウンセリングと人生相談/カウンセリングと占い/カウンセリングと心理療法/コーチング/他
レッスン6 カウンセリングの定義――狭義のカウンセリングと広義のカウンセリング
  狭義のカウンセリングの定義/広義のカウンセリングの定義
レッスン7 カウンセリングのルールと枠
  カウンセリングにおける三つの枠組み/日本カウンセリング学会のルール/ワークショップ(集団ででの体験型カウンセリング研修)でのルール

このページのトップへ

内容説明

カウンセリングをはじめて学ぶ人に向けて書かれた入門書。カウンセリングとは、苦しみ悩む人を支援したり、個人や集団が成長していくように促したりする、人生を豊かにする技術のことである。上巻では、カウンセリングの核心、カウンセラーに必要な三つの条件や、悩みを相談される場合の5つのパターンなど、カウンセリングの世界の大枠を解説する。

このページのトップへ

関連書籍

新しいカウンセリングの技法

新しいカウンセリングの技法

重要技術の使い所と注意点を詳述した実践書

著者:諸富 祥彦
 
 
はじめてのカウンセリング入門 下

はじめてのカウンセリング入門 下

人が自己を再発見していくプロセスを解説

著者:諸富 祥彦
 
 

このページのトップへ