ホーム > 箱庭療法研究 1

箱庭療法研究 1

箱庭療法研究 1
著者 河合 隼雄 編著
山中 康裕 編著
ジャンル 臨床心理学 > 箱庭療法
出版年月日 1982/09/10
ISBN 9784414430011
判型・ページ数 A5・250ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

序論 箱庭療法の発展
事例1 闇の国の主、蛇の変容
事例2 夜驚を伴う登校拒否児
事例3 心身症児の箱庭療法
事例4 学級内不適応児への接近
事例5 遺尿症児K子の世界
事例6 場面緘黙症の治療過程
事例7 3人の女学生
事例8 対人恐怖の治療過程
事例9 分裂病寛解期の箱庭療法
事例10 青年期のディプレッション
事例11 抑欝性心気症老人の箱庭療法

このページのトップへ

内容説明

箱庭療法はわが国に導入されてすでに十数年を経た現在、その適応範囲は拡大し、かつその解釈と理解も深化してきている。ここに本療法による第一線の治療実践例を選出し、今得られる最良のコメンターをそろえて、本療法の研究第1巻を世に贈ることとなった。

このページのトップへ