ホーム > 21世紀の心理療法 Ⅱ

21世紀の心理療法 Ⅱ

目次

第Ⅳ部 精神分析的療法家
 16 治療的環境 〔ブルーノ・ベッテルハイム〕
 17 精神療法への発達論的対象関係論的アプローチの発展 〔ジェームズ・F.マスターソン〕
 18 心理療法はどう進むか――今後の動向 〔ルイス・R.ウォルバーグ〕
 19 精神療法の過程――種々のアプローチに共通する要素 〔ジャッド・マーマー〕
第Ⅴ部 集団療法――TA、ゲシュタルト、サイコドラマ
 20 トランズアクショナル・アナリストと再決断療法 〔メアリ・マクルアー・グールディング〕
 21 グループ療法――本業か副業か 〔ロバート・L.グールディング〕
 22 ゲシュタルト療法――その誕生の過程と臨床への応用 〔ミリアム・ポルスター〕
 23 現在からの逃走――移行と構想 〔アーヴィン・ポルスター〕
 24 サイコドラマ、役割理論およびソーシャルアトムの概念 〔ゼルカ・T.モレノ〕
第Ⅵ部 エリクソン流アプローチ
 25 心と身体のコミュニケーションと人間促進の新言語 〔アーネスト・L.ロッシー〕
 26 エリクソン心理療法におけるコミュニケーション治療要因 〔ジェフレイ・K.ゼイク〕
第Ⅶ部 対位的手法
 27 神学と治療を通してみた強制の正当化 〔トーマス・S.サズ〕

このページのトップへ

内容説明

現在行われている心理療法諸学派の最も代表的な治療者たちが米国アリゾナ州フェニックスで一堂に会し、相互交流を目指して行った講演・討論の記録。精神分析から行動療法まで著名各流派の大御所たちがこのように顔を揃えることは今後ないであろう。原書名:The Evolution of Psychotherapy

このページのトップへ