ホーム > 知覚を測る

知覚を測る

実験データで語る視覚心理学

知覚を測る

主観的側面が強い知覚現象をいかに客観的に捉え量的に表現するか。半世紀以上に及ぶ自らの実験研究例に基づき解説し論ずる

著者 大山 正
ジャンル 実験心理学
出版年月日 2010/06/05
ISBN 9784414301779
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 知覚の測定法
2 色の知覚の測定
3 形の知覚の測定
4 空間知覚の測定
5 運動知覚の測定
6 知覚-認知過程の測定
7 結語

このページのトップへ

内容説明

本書は、主観的側面が強い感覚・知覚を、いかにして客観的に捉え、さらに量的に表現するかの問題を取扱う。著者が協力者とともに実施した多くの実験研究を例に、具体的に解説し論じていく。日本心理学会第72回大会での国際賞特別賞受賞記念講演に基づいている。

このページのトップへ