ホーム > 性格のはなし

性格のはなし

心理学者との対話

性格のはなし
著者 片口 安史
ジャンル 発達心理学
出版年月日 1969/07/15
ISBN 9784414328080
判型・ページ数 4-6・268ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

Ⅰ 性格を考える
 1 伸ばしたい性格・変えたい性格
 2 親の見栄が子どもの才能をそこなう
Ⅱ 心理学者との対話 ――心理学者との対話――
 プロローグ
 質問1 心理学者は見すかし屋?
 質問2 性格ってなんですか?
 質問3 わたしの性格のタイプは?
 質問4 性格テストの種類は?
 質問5 性格テストってほんとにあたるんですか?
 質問6 不安の程度を測ることができますか?
 質問7 性格が変わりますか?
 質問8 性格テストの役立てかたは?
 エピローグ
Ⅲ 心理臨床家の眼
 1 観るということ
 2 心理テストの功罪 ――心理臨床家の立場から――
 3 臨床家と心理学
 4 現代文学における異常心理
 5 夢・あれこれ
 6 私ほど
 7 インクのしみの”紙魚”
 8 巨大なるスカラベの死 ――三島由紀夫の心理診断――

このページのトップへ

内容説明

「性格は変えられるか」などのテーマで、深層心理学の第一人者として有名な著者が、研究者に読みごたえある水準で、しかも中学生にもわかりやすく、性格のあらゆる問題についての疑問にこたえている。

このページのトップへ