ホーム > 10代の心と身体のガイドブック

10代の心と身体のガイドブック

10代の心と身体のガイドブック

子どもに起きる変化に対して両親のとる態度や理解の仕方を医学的に解説。全米5万7千人の小児科医の総意を結集したガイドブック

著者 米国小児科学会
関口 進一郎 監訳
白川 佳代子 監訳
坂東 伸泰
田沢 晶子
ジャンル 精神医学
出版年月日 2007/06/25
ISBN 9784414802023
判型・ページ数 A5・746ページ
定価 本体5,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第Ⅰ部 青年期とは変化のとき
 第1章 いまの時代に10代の子どもを育てることとは
 第2章 親としての基本的なスキル
 第3章 子どもの身体の成長
 第4章 大人になることとは――10代の子どもの自己の発達
第Ⅱ部 家庭・学校・社会のなかの子ども
 第5章 あなたの家族
 第6章 家族の分裂と危機に対処する
 第7章 さまざまなタイプの家族――未婚の片親家族、離婚した家族、混合家族、同性愛者の家族
 第8章 学校生活
 第9章 大学へ進学する
 第10章 学習に関する問題
 第11章 現代っ子―テレビ、映画、インターネット、テレビゲーム、ラジオ、ロック、ラップ
第Ⅲ部 青年期の関門――あなたの子どもを守る
 第12章 性
 第13章 タバコ、アルコール、その他の薬物乱用
 第14章 安全と傷害予防
 第15章 感情ならびに行動上の問題
第Ⅳ部 健康管理――生涯にわたるパターンを確立する
 第16章 健診と予防接種
 第17章 10代の適切な栄養
 第18章 食べることが問題となる場合――肥満、ダイエット、そして摂食障害
 第19章 運動とスポーツ
 第20章 10代によくみられる病気
 第21章 10代の子どもが慢性の病気や障害を持つとき

このページのトップへ

内容説明

10~20歳のいわゆる思春期の子どもを持つ親を対象に、米国の小児科医5万7000人の知恵をまとめたガイドブック。子どもの身体の発達、心理状態、家庭・学校での人間関係、社会に出るための準備、タバコ、麻薬、薬物に対する知識、がんや慢性病への対処が語り口調でやさしく書かれている。思春期・青年期の子どもを持つ親はもちろん、専門の医師や教師、養護教諭が患者や家族にアドバイスする際にも大いに参考になる。原書名:Caring for Your Teenager

このページのトップへ