ホーム > 社会心理学の新しいかたち

社会心理学の新しいかたち [心理学の新しいかたち8]

目次

序論
 1 社会心理学はどんな可能性のある学問か (竹村和久)
第Ⅰ部 社会のリスクにどう対処するか
 2 社会技術としてのリスク・コミュニケーション (吉川肇子)
 3 リスクの受容と合意形成 (中谷内一也)
第Ⅱ部 社会的合意形成をどうすすめるか
 4 公正の原理と社会的意思決定 (大坪庸介)
 5 社会的ジレンマの解決に向けた統合的アプローチ (渡部 幹)
第Ⅲ部 社会心理学を社会政策にどう役立てるか
 6 土木計画に社会心理学を役立てる (藤井 聡)
 7 防災計画に社会心理学を役立てる (矢守克也)
 8 社会福祉に社会心理学を役立てる (唐沢かおり)
第Ⅳ部 社会心理学の新しい方法論の可能性
 9 社会現象の計算機シミュレーション (高木英至)
 10 社会行動現象へのシステム思考アプローチ (中村和男)

このページのトップへ

内容説明

社会心理学の新しい理論的・方法論的可能性を、第一級の社会心理学研究者が各自の専門分野から論考する。研究者のその研究への取り組みの思想や社会的な問題の解決への示唆を中心に記述し、心理学の科学性と実践性に対応する。

このページのトップへ