ホーム > 志向性

志向性

心の哲学

志向性
著者 J.R.サール
坂本 百大 監訳
ジャンル 哲学・思想
出版年月日 1997/10/20
ISBN 9784414120523
判型・ページ数 4-6・412ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 志向性状態の本性
第2章 知覚の志向性
第3章 意図と行為
第4章 志向的因果
第5章 バックグラウンド
第6章 意味
第7章 志向性状態および言語行為に関する報告の内包性
第8章 意味は頭のなかにあるのか
第9章 固有名と志向性
第10章 エピローグ 志向性と脳

このページのトップへ

内容説明

現代を代表する心の哲学者サールによる心と言語の関係を扱った3部作の完結。言語のもつ表象能力は心の志向性に由来し、この志向性は心的状態そのものに内在しているとする。心の哲学とAI(人工知能)論とが脱構築を試みるための試金石ともいえる書。原書名:INTENTIONALITY: An essay in the philosophy of mind

このページのトップへ

関連書籍

表現と意味

表現と意味

今日の標準理論の基本枠組みを完成させた書

著者:J.R.サール
山田 友幸 監訳
 
 

このページのトップへ