ホーム > ケースワークの臨床技法

ケースワークの臨床技法

「援助関係」と「逆転移」の活用

ケースワークの臨床技法
著者 尾崎 新
ジャンル 社会福祉
出版年月日 1994/01/20
ISBN 9784414601183
判型・ページ数 A5・190ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

第1部 ケースワーク臨床の特質と「ほどよい援助関係」
 1 ケースワーク臨床の多面性――闘病記の検討を通して
 2 ケースワーク臨床における援助関係の重要性
 3 「ほどよい援助関係」
第2部 援助関係の活用
 4 援助関係の形成
 5 援助関係の活用
 6 援助関係の終結
第3部 逆転移の活用
 7 自覚しない逆転移
 8 逆転移の意識化と活用

このページのトップへ

内容説明

援助者の多彩な個性やもち味を十分に生かし、ダイナミックで生き生きとした援助関係を築くという発想、それを実現するための具体的できめ細かな記述は、新たなケースワーク臨床の地平を感じさせる。

このページのトップへ

関連書籍

「ゆらぐ」ことのできる力

「ゆらぐ」ことのできる力

実践の中で経験する動揺や挫折感から学ぶ

著者:尾崎 新
 
「現場」のちから

「現場」のちから

利用者の問いかけに応える現場の魅力を探る

著者:尾崎 新
 
 

このページのトップへ