ホーム > ケースワークの原則 [新訳改訂版]

ケースワークの原則 [新訳改訂版]

援助関係を形成する技法

ケースワークの原則 [新訳改訂版]

社会福祉を学ぶときに必ず触れるバイステックの7原則の原本。改訂版では旧訳の原則名を載せ、より鮮明に理解できる

著者 F.P.バイステック
尾崎 新
福田 俊子
原田 和幸
ジャンル 社会福祉
出版年月日 2006/03/10
ISBN 9784414604047
判型・ページ数 4-6・254ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 ケースワークにおける援助関係の本質
 ケースワークにおける援助関係の本質
第2部 援助関係を形成する諸原則
 原則1 クライエントを個人として捉える(個別化)
 原則2 クライエントの感情表現を大切にする(意図的な感情の表出)
 原則3 援助者は自分の感情を自覚して吟味する(統制された情緒的関与)
 原則4 受けとめる(受容)
 原則5 クライエントを一方的に非難しない(非審判的態度)
 原則6 クライエントの自己決定を促して尊重する(クライエントの自己決定)
 原則7 秘密を保持して信頼感を醸成する(秘密保持)
 要約

このページのトップへ

内容説明

本書は、ソーシャルワーク臨床の原点である「援助関係」の基礎を論じ、約40年間読み継がれてきた古典的名著である。今版は、旧訳の原則名を併記するとともに、「英国版への助言」及び更なる改訳を加えたことにより、バイステックの示した援助関係の意義・関係形成の技法が、より鮮明となり理解を促す。原書名:The Casework Relationship

このページのトップへ

関連書籍

ソーシャルワークとは何か

ソーシャルワークとは何か

現代日本で活かされるバイステックの7原則

著者:武田 建
津田 耕一
 
福祉援助の臨床

福祉援助の臨床

福祉援助職者の責任と行動の指針を説く

著者:窪田 暁子
 
 
「ゆらぐ」ことのできる力

「ゆらぐ」ことのできる力

実践の中で経験する動揺や挫折感から学ぶ

著者:尾崎 新
 
「現場」のちから

「現場」のちから

利用者の問いかけに応える現場の魅力を探る

著者:尾崎 新
 
 

このページのトップへ