ホーム > カルフ箱庭療法

カルフ箱庭療法

カルフ箱庭療法
著者 D.M.カルフ
山中 康裕 監訳
ジャンル 臨床心理学 > 箱庭療法
出版年月日 1999/10/05
ISBN 9784414402759
判型・ページ数 A5・225ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 はじめに
2 クリストフ――不安神経症の克服
3 キム――学習困難からの回復
4 ダニーラ――強すぎた母親結合からの解放
5 クリスチァン――夜尿症の治癒
6 ジェームス――極度に外向的な母親との同一化による本能の喪失
7 デデ――言語障害の克服
8 マリーナ――ある養女の読字障害の背景
9 23歳の娘――あまりにも弱い自我の再建
10 青年――赤面恐怖の一事例の宗教的背景

このページのトップへ

内容説明

子どものための心理療法として考案された箱庭療法はカルフ女史によって、ユング分析心理学を基盤として児童のみならず広く成人の精神障害の治療にも使えることでその完成をみた。日常の言語では表わされにくいクライエントの奥深い精神世界が生き生きと、しかも可視的に表現されるという特徴をもっている。このたび原著の第3版にともない新版として刊行した。 原書名:Sandspiel: Seine therapeutische Wirkung auf die Psyche

このページのトップへ

関連書籍

遊戯療法と箱庭療法をめぐって

遊戯療法と箱庭療法をめぐって

非言語的な心理療法のメカニズムを解明する

著者:弘中 正美
 
箱庭による認知物語療法

箱庭による認知物語療法

箱庭+認知療法が心と行動を変える新技法

著者:大前 玲子
 
 
現代箱庭療法

現代箱庭療法

箱庭療法の新理論を多数のカラー写真で紹介

著者:織田 尚生
大住 誠
 
 
[POD版]箱庭療法の世界
 
 

このページのトップへ