ホーム > 学校トラウマと子どもの心のケア 実践編

学校トラウマと子どもの心のケア 実践編

学校教員・養護教諭・スクールカウンセラーのために

学校トラウマと子どもの心のケア 実践編

学校はもはや聖域ではなくなった。学校における様々な事件・事故・出来事に対して心理的な緊急支援をどうするか実践的に紹介

著者 藤森 和美 編著
ジャンル 臨床心理学 > トラウマ・虐待
カウンセリング
教育・保育
出版年月日 2005/09/05
ISBN 9784414400267
判型・ページ数 A5・260ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第1章 学校危機と心理的緊急支援
 1 危機を想定できるか
 2 目をそむけないで
 3 初期の介入
 4 トラウマのアセスメント
 5 最後に
第2章 総合的援助体制の構築
 1 心のケア
 2 総合的な心のケア活動体制
 3 肯定的な人生と生活の再建
第3章 ストレス・マネジメント
 1 はじめに
 2 ストレス体験モデル
 3 ディブリーフィングからストレス・マネジメントへ
 4 リラクセーションと勇気づけメッセージ
 5 おわりに
第4章 死に伴う問題
 1 児童・生徒に死者が出た場合
 2 自殺という死
 3 保護者が犯罪被害で亡くなった場合
 4 「死」から「生」へ
第5章 性暴力被害を受けた子どもの問題とケア
 1 はじめに
 2 潜在化する性暴力
 3 性暴力被害による子どもの反応
 4 子どもの性暴力被害による周囲の大人への影響
 5 子どもへの対応
 6 おわりに
第6章 学校の緊急支援――横浜市教育委員会教育総合相談センターの取組みから
 1 はじめに
 2 緊急支援の受け入れまで
 3 支援体制づくり
 4 学校支援体制の実際
 5 おわりに
第7章 クライシス・レスポンス・チーム(CRT)の活動――山口県の試み
 1 組織の立ち上げ
 2 活動の概要、特色、位置づけ
 3 メンバーの構成
 4 研修のあり方
 5 活動報告
 6 今後の課題と拡がりへの期待
第8章 保健所の取り組み――「えひめ丸」宇和島保健所の活動の事例を通して
 1 はじめに
 2 事故直後からの経過
 3 高校卒業、そしてリハビリケアの開始
 4 親サポートプログラム
 5 第五回メンタルヘルス調査結果は……
 6 おわりに
第9章 医療機関との連携・事例を通して
 1 はじめに
 2 事例
 3 考察
 4 まとめと提言
第10章 児童相談所との連携
 1 基礎知識
 2 ネットワークの考え方
 3 あなたはどのレベル?
 4 事例に見るネットワークのレベル
 5 おわりに

このページのトップへ

内容説明

現在の学校では児童・生徒が事件・事故・災害等に巻き込まれる可能性がある。その時に心理的衝撃を和らげるための精神保健の専門家による危機介入が必要とされる。本書は連携機関も含めて最悪の事態に備えた危機管理をするための具体的助言を含んだ実用的な書である。

このページのトップへ

関連書籍

子どもへの性暴力

子どもへの性暴力

子どもの性暴力被害の実際と援助職の対応

 
大災害と子どものストレス

大災害と子どものストレス

緊急支援の必用な事態での子どもへの対応

著者:藤森 和美 編著
前田 正治 編著
 
 
被害者のトラウマとその支援

被害者のトラウマとその支援

犯罪被害者とその家族への心理的ケアを提言

著者:藤森 和美 編著
 
学校安全と子どもの心の危機管理

学校安全と子どもの心の危機管理

何か起きても子供が安心していられるように

著者:藤森 和美 編著
 
 
子どものトラウマと心のケア

子どものトラウマと心のケア

傷ついた子どもに向き合うために

著者:藤森 和美
 
 

このページのトップへ