ホーム > カウンセリング実践史

カウンセリング実践史 [日本の心理臨床1] (単行本)

カウンセリング実践史

日本の心理臨床界に草創期から身を置いてきた著者がカウンセラーでないとできない不可欠のサービスとは何かを追求

著者 氏原 寛
ジャンル 臨床心理学
臨床心理学 > 心理臨床一般
シリーズ 日本の心理臨床
出版年月日 2009/04/15
ISBN 9784414413144
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 境界人
第2章 カウンセラーは専門職である
第3章 ロジャーズのころ
第4章 援助的人間関係
第5章 意識の場―「理論」のはじまり
第6章 意識の場
第7章 カウンセラーは何をするのか
第8章 思考的共感――感じるためには知らねばならない
第9章 感覚的共感

このページのトップへ

内容説明

わが国のカウンセリング界に草創期から現在までずっと身を置いてきた著者が、今日にいたる日本の心理臨床の形成史を自らの実践体験を重ね合わせてたどりつつ、今なお深化をとげる著者独自の「意識の場」理論から、心理臨床は如何にあるべきか、カウンセラーは何をすべきかを、明日を担う若き心理臨床家に熱く語りかける渾身の書である。

このページのトップへ

関連書籍

医療と心理臨床

医療と心理臨床 [日本の心理臨床2](単行本)

心理臨床の近未来像を医療の枠を超えて提示

著者:矢永 由里子
 
からだとこころ

からだとこころ [日本の心理臨床3]

身体を通して心を変えるネオ心理療法の精華

著者:成瀬 悟策
 
 
体験の語りを巡って

体験の語りを巡って [日本の心理臨床4](単行本)

人間の営みから臨床を論じる

著者:皆藤 章
 
高齢者と心理臨床

高齢者と心理臨床 [日本の心理臨床5]

高齢者心理を幅広い視点からとらえる

著者:黒川 由紀子
 
 
カウンセリングと教育

カウンセリングと教育 [日本の心理臨床6]

熟練臨床家の学校でのカウンセリングの実際

著者:倉光 修
 
 

このページのトップへ