ホーム > 回復への道のり ロードマップ

回復への道のり ロードマップ [性問題行動・性犯罪の治療教育3]

性問題行動のある児童および性問題行動のある知的障害をもつ少年少女のために

回復への道のり ロードマップ

子どもが身体の部位と性的行動について正確な言葉を学び、両親は習ったスキルを練習し繰り返すのを家で支援するワークブック

著者 ティモシー・J・カーン
藤岡 淳子 監訳
ジャンル 臨床心理学
臨床心理学 > 非行・犯罪
シリーズ 性問題行動・性犯罪の治療教育
出版年月日 2009/11/25
ISBN 9784414414363
判型・ページ数 B5・288ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 エンジンをかけよう
2 タッチの問題って何?
3 自分の気持ちを話そう
4 良いタッチと悪いタッチ
5 正しい考えと間違った考え
6 あのときみたいな性的な気持になったらどうしよう?
7 変化しつつある体のことをよく知って大事にしよう
8 自分の体を管理して子どもの刑務所に入らないようにしよう
9 悪いタッチにつながる四つの間違った曲がり角を理解しよう
10 特別な安全ルールと良い境界線であなたとほかの人を安全に
11 人にされたタッチについて話すこと
12 自分のした悪いタッチについて本当のことを話す
13 どんなに人を傷つけたかを理解して悪いタッチを謝る
14 サバイバーになろう
15 警戒警報に気づいて傘をさそう
16 安全計画ブックを作って活用しよう

このページのトップへ

内容説明

本書は6歳~12歳の性非行のある子どもが対象となっている。セラピストの支援を受けながら、子どもがこの本のガイド(道路地図)に沿って読み進み、質問に答えていくことによって、自分の行動パターンを変え、健康な生活を送ることができるように工夫されている。セラピストは、子どもたちが進む回復への道のりに寄り添うことで発達の様子を確認し、専門的な援助の方法を学ぶことができる内容となっている。

このページのトップへ

関連書籍

あなたに伝えたいこと

あなたに伝えたいこと

性被害を受けた子どもが立ち直るための本

 
非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

子どもと成人への矯正プログラム実践の試み

著者:藤岡 淳子
 
 
グッドライフ・モデル

グッドライフ・モデル

自分と向き合い、人生の目標を模索する

 
 
性暴力の理解と治療教育

性暴力の理解と治療教育

性犯罪者の再犯防止に挑む矯正教育の最前線

著者:藤岡 淳子
 
 

このページのトップへ