ホーム > 回復への道のり パスウェイズ

回復への道のり パスウェイズ [性問題行動・性犯罪の治療教育2]

性問題行動のある思春期少年少女のために

回復への道のり パスウェイズ

性非行のある11~21歳までの子供のための再犯防止プログラム。親や治療者と少しずつ日常の問題行動を変化させるように工夫

著者 ティモシー・J・カーン
藤岡 淳子 監訳
ジャンル 臨床心理学
臨床心理学 > 非行・犯罪
シリーズ 性問題行動・性犯罪の治療教育
出版年月日 2009/09/15
ISBN 9784414414356
判型・ページ数 B5・326ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 最初の反応
   日本の制度/さあ、はじめましょう/「真の同意」のルールについて/パワーとコントロール/他
2 治療教育プロセスを始める
   治療教育の目標/良いグループ・メンバーになること/グループのガイドライン/他
3 開示――自分がやったことをどう説明するか
   なぜ自分の性問題行動を否認したいと思うのか/なぜ自分の性行動について本当のことを話すべきなのか/他
4 開示――被害者について学ぶ
   性虐待についての神話/被虐待者の感情/性虐待の被害者が尋ねたい質問/リラックスする方法/他
5 開示――なぜやったのか~私の性行動化を理解する
6 開示――自分の手なずけ行動と維持行動を知る
7 開示――行動のサイクルを理解する
   自分の犯行前パターンのワークシート/自分の犯行前パターンの地図を作る/思考の誤り――自分の犯行サイクルへの橋/他
8 性的な感情の適切なコントロールと表現
9 再発防止計画を作り、守る
10 性虐待と人生経験を理解すること
11 説明――ことを明らかにすること
   自分自身への説明/性行動で傷つけた人たちへの「説明の手紙」/思考の誤り/他
12 性暴力加害者のための12ステップ――責任のある人になること
13 責任のある健全な生活を送り、治療教育を卒業する
最終試験

このページのトップへ

内容説明

性問題行動のある11歳から21歳の青少年を対象にしたワークブック。性非行を起こしてしまった子どもが、責任のある大人になれるように、性犯罪者にならないように願って作成されている。治療者とともに課題を一つずつこなすことで、このような子どもたちが性暴力や性虐待がいかに人を傷つけるかを理解できるようになっている。結果として、健康的で性犯罪から解放された生活を子どもが送ることができるように手助けをする。

このページのトップへ

関連書籍

あなたに伝えたいこと

あなたに伝えたいこと

性被害を受けた子どもが立ち直るための本

 
非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

子どもと成人への矯正プログラム実践の試み

著者:藤岡 淳子
 
 
グッドライフ・モデル

グッドライフ・モデル

自分と向き合い、人生の目標を模索する

 
 
性暴力の理解と治療教育

性暴力の理解と治療教育

性犯罪者の再犯防止に挑む矯正教育の最前線

著者:藤岡 淳子
 
 

このページのトップへ