ホーム > 介護福祉論

介護福祉論

介護福祉論

介護の定義、歴史、領域、介護サービス制度、保険・医療との連携の取り方などを網羅した、介護福祉士を目指す人必携のテキスト

著者 西村 洋子
ジャンル 社会福祉
シリーズ その他のシリーズ >  社会福祉専門職ライブラリー〈介護福祉士編〉
出版年月日 2005/09/30
ISBN 9784414609189
判型・ページ数 A5・270ページ
定価 本体2,380円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

1 現代社会と介護福祉
  高齢社会と生活/障害児・者と生活/家族と介護
2 介護福祉に関する歴史
  施設における支援/障害者への支援/地域における支援と介護職の養成
3 外国における介護福祉
  外国との比較に関して/イギリス/ドイツ/スウェーデン
4 介護サービスに関する制度政策 
  高齢者保健福祉の制度政策/福祉関係8法の改正/障害者保健福祉政策/
  社会福祉基礎構造改革/介護保険制度
5 介護福祉の概念
  「介護」の意味づけ/介護の理念と定義/関連領域との関係
6 介護福祉の原則と方法 
  介護福祉の原則/対人援助の原則と方法/要介護者の特徴/身体(生理)的生活への援助/他
7 介護福祉援助(ケアワーク)の過程 
  援助過程における課題/インテーク/アセスメント/ケアワーク計画の立案/ケアワークの実施/他
8 介護福祉の分野 
  介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)/介護老人保健施設/介護療養型医療施設/他

このページのトップへ

内容説明

介護福祉(ケアワーク)の定義、歴史、領域、援助過程、介護サービス制度、保健・医療との連携の取り方などの知識を網羅した、介護福祉士を目指す人必携のテキスト。介護保険制度導入により、援助を求める人への総合的な日常生活支援と変わりつつ介護の現状を、豊富なデータとともに解説し、学術的にも読み応えのある内容となっている。前著『介護概論』(1990年刊行)の全面改訂版。

このページのトップへ