ホーム > 音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング

目次

1 音楽訓練に確実な身体的基礎をあたえる
2 体の中芯部と、バランスの起こる場所の地図をつくる
3 腕構造のマッピング
4 呼吸
5 脚のマッピング
6 実際的応用

このページのトップへ

内容説明

音楽を演奏するすべての人のために、「人のからだはどのようにできているか」「どうすれば自然にからだを使って音楽ができるか」について、全頁わたりユニークなイラストを使ってわかりやすく図解する。からだの自由と技術の獲得のための感受性を高める基本原理を説明した興味深い入門書。原書名:WHAT EVERY MUSICIAN NEEDS TO KNOW ABOUT THE BODY: The Practical Application of Body Mapping to Making Music

このページのトップへ

関連書籍

うまく歌える「からだ」のつかいかた

うまく歌える「からだ」のつかいかた

「歌う感覚」と「楽な発声」を身につける

著者:川井 弘子
 
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと

音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと

呼吸の構造と動きを知り演奏が飛躍的に向上

 
 
フルート奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

フルート奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク

著者:L.ピアソン
棚橋 和子 監訳
 
 

このページのトップへ