ホーム > アレクサンダー・テクニークにできること

アレクサンダー・テクニークにできること

痛みに負けない「からだの使い方」を学ぶ

目次

1 首、肩、背中、腰の痛みと、使い方
2 アレクサンダー・テクニークを理解するために
3 四つの良い使い方の概念
4 首の痛み――頭の重みを首から取り去る
5 腰痛――ウエストはちょうつがいではない
6 肩と背中の痛み――進化がもたらした肩甲帯の驚異
7 日常生活のさまざまな姿勢
8 背中や腰の痛みを楽にする正しい呼吸法
9 背中や腰にけいれんが起こりそうになったときの応急手当
10 ネックカラーとコルセットについて
11 背中と腰を癒す運動
12 ランニング、水泳、ゴルフ、その他のスポーツについて
13 脊柱側湾症
14 表現芸術家のジレンマ
15 妊娠と腰痛

このページのトップへ

内容説明

首・肩・背中・腰などの痛みへの対処と予防の観点から、何気ない自分の動作のなかの「思いこみ」「思い違い」に気づき、「からだの使い方」を学ぶことによって、より豊かな心身の調和への扉を開く。原書名:BACK TROUBLE: A New Approach to Prevention and Recovery

このページのトップへ

関連書籍

アイ・ボディ

アイ・ボディ

アレクサンダーテクニークの新しいかたち

 
 
ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク

ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク

自分の中にある内感覚に気づくためのレシピ

 
アレクサンダー・テクニックの使い方

アレクサンダー・テクニックの使い方

「私のからだ」=「自己」の再発見のために

著者:芳野 香
 
 
ボディ・ラーニング

ボディ・ラーニング

からだをとり戻し気づきを深める革命的方法

 
 

このページのトップへ