ホーム > アイ・ボディ

アイ・ボディ

脳と体にはたらく目の使い方

アイ・ボディ

アレクサンダー・テクニーク理論に基づき、見ることで脳が働き体の感覚を統合する関係を、豊富な図版を用いて解き明かす

著者 P.グルンワルド
片桐 ユズル
ジャンル ボディ・ワーク
出版年月日 2008/10/15
ISBN 9784414414325
判型・ページ数 A5・198ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに──目と脳と体の関係に気づく
1章 ある物語──もうメガネはいらない
2章 視覚の機能──アイボディ・パターンの数々
3章 脳の視覚機能の基本的タイプ
4章 アイボディの原理
5章 アイボディ・メソッドと症例研究
6章 目と体の関係
7章 日常生活への応用
8章 最初の一歩
9章 今後の可能性
よく質問されること

このページのトップへ

内容説明

眼鏡をかけずに過ごせるようになるためには、脳を意識的に使うことで目の機能を変えればよい。また、目と視覚をコントロールしている脳の各部分は、体の各部分と対応しており、「見る」ことはすべての感覚を統合する機能がある。本書はアレクサンダー・テクニーク理論に基づき、目と体と脳の密接な関係を、豊富な図版を用いて解き明かした注目の書である。原書名:EYEBODY: The Art of Integrating Eye, Brain and Body

このページのトップへ

関連書籍

アイ・ボディ

アイ・ボディ

アレクサンダーテクニークの新しいかたち

 
ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク

ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク

自分の中にある内感覚に気づくためのレシピ

 
 

このページのトップへ