ホーム > 心理療法家の人類学

心理療法家の人類学  これから出る本

こころの専門家はいかにして作られるか

内容説明

「心理療法家とは何者か?」「心理療法家になるとはどういうことなのか?」本書はこの問いに対して人類学的に答えようとする。人類学者であり、心理療法家でもある著者は、訓練機関の本格的フィールドワークを行い、心理療法家に人類学の光を当てることを試みた。すると見えてきたのは、心理療法の「神話」が内面の奥深いところにまで浸透していくプロセスである。「心理療法家になる」とは、人間としての「変容」を含んでいるのである。従来とは異なる視点から心理療法家を読み解く本書は、こころの専門家になろうとしている人、こころの専門家を指導する人に、新しい心理療法像をもたらすだろう。加えて、本書では心理療法の人類学や社会学のこれまでの研究が広くレビューされており、絶好の入門書にもなる。
原書名:The Making of Psychotherapists: An Anthropological Analysis

このページのトップへ

関連書籍

日本のありふれた心理療法

日本のありふれた心理療法

日本における心理臨床行為とは何かを語る

著者:東畑 開人
 
野の医者は笑う

野の医者は笑う(単行本)

心の治療は果して宗教なのか科学なのか?

著者:東畑 開人
 
 

このページのトップへ