ホーム > 心理学って何だろうか?

心理学って何だろうか?

四千人の調査から見える期待と現実

心理学って何だろうか?

日本心理学会による大規模調査から見えてきた心理学へのイメージを、第一線の研究者が徹底分析。誤解や偏見を解き、真実の姿を力説

著者 日本心理学会 監修
楠見 孝
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学叢書
出版年月日 2018/02/20
ISBN 9784414311211
判型・ページ数 A5・206ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

編者はじめに

第1章 誰もがみんな心理学者?――日常生活で役立てるために
 1 はじめに
 2 誰もが知っている「心理学」とは
 3 誰もが知っている「心理学」の内容を調べる
 4 誰もが知っている「心理学」はどこから学ぶのか
 5 「心理学」は「科学」よりもなじみ深いか
 6 まとめ

第2章 学校の先生に使って欲しい・教えてほしい心理学
 1 はじめに
 2 学校の先生は「心理学」を知っているのか
 3 小中高で「心理学」をどのように教えるか
 4 教員は心理学者・心理学会に何を期待しているのか
 5 まとめ

第3章 大学ではどんな心理学を教わるの?――深く学ぶために
 1 心理学を学ぶことのできる大学とその教員
 2 心理学のカリキュラム
 3 心理学の授業形態
 4 まとめ

第4章 心理学の卒業論文は社会で役に立つのか?――リサーチスキルの現代的意味
 1 はじめに
 2 リサーチスキルとは何か
 3 市民リテラシーとしてのリサーチスキルの重要性
 4 リサーチスキルを伴った市民リテラシーによって社会は良くなるのか
 5 まとめ

第5章 心理学者は誰の心も見透かせるの?――学問とニセ科学の違い
 1 はじめに
 2 心理学は科学なの?
 3 心理学者はどう考えているの?
 4 心理学の二つのかたち
 5 そもそも科学とは何か――精神分析と科学哲学
 6 もう一つ、疑似科学としての通俗心理学・民間心理学
 7 心理学の専門家は、疑似科学心理学をどうとらえているのか
 8 まとめ――心理学と良いつきあいをするために

第6章 心理学は他の学問分野から引く手あまた――学問の垣根を越えて
 1 はじめに
 2 心理学と協働するということ
 3 心理学者への調査
 4 他の学問分野の研究者調査
 5 まとめ

コラムⅠ 心理学者に会いに行こう!――市民と高校生のための心理学公開講座
コラムⅡ 心理学ミュージアムへようこそ!

編者おわりに

執筆者
楠見 孝【編者はじめに、第1章、第2章】
岡田謙介【第3章】
星野崇宏【第3章】
山 祐嗣【第4章】
菊池 聡【第5章】
三浦麻子【第6章】
池田まさみ【コラムⅠ】
邑本俊亮【コラムⅠ】
重森雅嘉【コラムⅡ】
武田美亜【コラムⅡ】

このページのトップへ

内容説明

日本心理学会による、一般市民、小中高の教員、心理学者、他の分野の研究者、大学組織への大規模アンケート結果から見えてきた心理学へのイメージを徹底分析。大学ではどういった心理学を学ぶのか、社会に出てから学んだ心理学を活かせるのか、心理学者は人の心を見透かせるのかなど、人々の持つ心理学への誤解、偏見、過剰な期待を解き放ち、真実の学問の姿を第一線の研究者が開示する。

このページのトップへ

関連書籍

思いやりはどこから来るの?

思いやりはどこから来るの?

ヒトが人を助けることの不思議を解き明かす

 
なつかしさの心理学

なつかしさの心理学

過去がいつの間にか美化されているのはなぜ

著者:日本心理学会 監修
楠見 孝
 
 
無縁社会のゆくえ

無縁社会のゆくえ

人の縁が消える原因と問題解決の糸口を考察

 
本当のかしこさとは何か

本当のかしこさとは何か

感情をめぐる知性の育て方と活かし方

 
 
高校生のための心理学講座

高校生のための心理学講座

心理学の面白さを実験中心に初学者に伝える

 
地域と職場で支える被災地支援

地域と職場で支える被災地支援

被災者の心理的支援に役立つヒントが満載

 
 
震災後の親子を支える

震災後の親子を支える

今日の被災者支援に必要なものが見えてくる

 
超高齢社会を生きる

超高齢社会を生きる

老いをよりよく支えるための心理学的な指針

 
 
心理学の神話をめぐって

心理学の神話をめぐって

「真実を見抜く目」を心理学で鍛える

 
病気のひとのこころ

病気のひとのこころ

患者の心までケアするためのガイドブック

 
 

このページのトップへ