ホーム > 病気のひとのこころ

病気のひとのこころ

医療のなかでの心理学

病気のひとのこころ

身体疾患から精神疾患まで、患者の心を理解しケアするためのガイドブック。心理職はもちろん、看護・介護職、そして家族にもおすすめ

著者 日本心理学会 監修
松井 三枝
井村 修
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学叢書
出版年月日 2018/01/25
ISBN 9784414311204
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

編者はじめに

第1章 痛みをもつこころと援助

第2章 透析患者のこころの理解

第3章 筋ジストロフィーの人のこころと援助

第4章 エイズになることとその援助

第5章 がんの人のこころとその援助

第6章 がんの治療を受ける子どもをいかに支えるか

第7章 周産期医療とこころの支援――妊娠・出産・赤ちゃんの育ちをめぐって

第8章 認知症者の脳とこころ――神経心理学的アプローチ

第9章 脳にダメージを受けた方たちのこころとその支援

第10章 精神の病と脳のはたらき――統合失調症を中心に

編者おわりに
文 献
索 引

執筆者
松井三枝【編者はじめに、第10章】
有村達之【第1章】
服巻 豊【第2章】
井村 修【第3章、編者おわりに】
井村弘子【第4章】
小池眞規子【第5章】
佐藤聡美【第6章】
橋本洋子【第7章】
小森憲治郎【第8章】
山口加代子【第9章】

このページのトップへ

内容説明

「患者のこころのありよう」はその抱える疾患や重症度によってさまざまであり、それぞれの特徴を理解したきめ細やかなアプローチが求められる。本書では身体疾患から精神疾患まで幅広くとりあげ、医療現場にある心理職の活動にも言及しながら、患者のこころを理解するヒントと基礎知識を提供する。

このページのトップへ

関連書籍

思いやりはどこから来るの?

思いやりはどこから来るの?

ヒトが人を助けることの不思議を解き明かす

 
なつかしさの心理学

なつかしさの心理学

過去がいつの間にか美化されているのはなぜ

著者:日本心理学会 監修
楠見 孝
 
 
無縁社会のゆくえ

無縁社会のゆくえ

人の縁が消える原因と問題解決の糸口を考察

 
本当のかしこさとは何か

本当のかしこさとは何か

感情をめぐる知性の育て方と活かし方

 
 
高校生のための心理学講座

高校生のための心理学講座

心理学の面白さを実験中心に初学者に伝える

 
地域と職場で支える被災地支援

地域と職場で支える被災地支援

被災者の心理的支援に役立つヒントが満載

 
 
震災後の親子を支える

震災後の親子を支える

今日の被災者支援に必要なものが見えてくる

 
超高齢社会を生きる

超高齢社会を生きる

老いをよりよく支えるための心理学的な指針

 
 
心理学の神話をめぐって

心理学の神話をめぐって

「真実を見抜く目」を心理学で鍛える

 
心理学って何だろうか?

心理学って何だろうか?

大規模調査結果から心理学の真実の姿に迫る

著者:日本心理学会 監修
楠見 孝
 
 

このページのトップへ