ホーム > 心理学の神話をめぐって

心理学の神話をめぐって  これから出る本

信じる心と見抜く心

内容説明

「一般に言われていることをなんとなく」信じてしまうことはないだろうか。けれど受け入れたその「常識」が、実は間違いであったとしたら? 誤りを無批判に信じることは、ときに大惨事へとつながりかねない。本書では「根拠もなく一般に信じられていること」を「神話」と呼び、特に心理学をめぐって流布している神話的トピックをとりあげ、クリティカル・シンキングを展開していく。「『狼に育てられた子』のエピソードは本当か?」「心理学でウソを見破ることは可能なの?」といった、なじみ深いテーマを題材に知的冒険をくり広げる。

このページのトップへ

関連書籍

思いやりはどこから来るの?

思いやりはどこから来るの?

ヒトが人を助けることの不思議を解き明かす

 
なつかしさの心理学

なつかしさの心理学

過去がいつの間にか美化されているのはなぜ

著者:日本心理学会 監修
楠見 孝
 
 
無縁社会のゆくえ

無縁社会のゆくえ

人の縁が消える原因と問題解決の糸口を考察

 
本当のかしこさとは何か

本当のかしこさとは何か

感情をめぐる知性の育て方と活かし方

 
 
高校生のための心理学講座

高校生のための心理学講座

心理学の面白さを実験中心に初学者に伝える

 
地域と職場で支える被災地支援

地域と職場で支える被災地支援

被災者の心理的支援に役立つヒントが満載

 
 
震災後の親子を支える

震災後の親子を支える

今日の被災者支援に必要なものが見えてくる

 
超高齢社会を生きる

超高齢社会を生きる

老いをよりよく支えるための心理学的な指針

 
 

このページのトップへ