ホーム > 野の医者は笑う

野の医者は笑う (電子書籍)

心の治療とは何か?

野の医者は笑う

若き臨床心理士が怪しいヒーラーの治療を受け、話を聴いて回る。フィールドワークで心の治療を根底から問い直す冒険譚。舞台は沖縄!

著者 東畑 開人
ジャンル 臨床心理学 > 心理臨床一般
電子書籍
出版年月日 2015/08/20
判型・ページ数 A5・302ページ
在庫 在庫あり
フォーマット 価格
電子書籍 -
単行本 1,900円+税
 

目次

プロローグ:ミルミルイッテンシューチュー、6番目のオバア

1章 授賞式は肩身が狭い
  ――「野の医者の医療人類学」を説明しておこう
2章 魔女と出会って、デトックス
  ――傷ついた治療者たち
3章 なぜ、沖縄には野の医者が多いのか
  ――ブリコラージュするマブイ
4章 野の医者は語る、語りすぎる
  ――説得する治療者たち
5章 スピダーリ
  ――ちゃあみいさんのミラクルな日常
6章 マスターセラピストを追いかけて
  ――潜在意識と神について
7章 研究ってなんのためにある?
  ――学問という文化
8章 臨床心理士、マインドブロックバスターになる
  ――心の治療は時代の子
9章 野の医者は笑う
  ――心の治療とは何か?

エピローグ:ミラクルストーリーは終わらない

このページのトップへ

内容説明

ふとしたきっかけから怪しいヒーラーの世界に触れた若き臨床心理士は、「心の治療とは何か」を問うために、彼らの話を聴き、実際に治療を受けて回る。次から次へと現れる不思議な治療! そしてなんと自身の人生も苦境に陥る……。それでも好奇心は怪しい世界の深奥へと著者を誘っていく。武器はユーモアと医療人類学。冒険の果てに見出された心の治療の本性とはなんだったのか。「心が病むってどういうことか?」「心の治療者とは何者か」そして「心が癒やされるとはどういうことか?」底抜けに楽しく、そしてほろりとくるアカデコミカル・ノンフィクション!

このページのトップへ

関連書籍

日本のありふれた心理療法

日本のありふれた心理療法

日本における心理臨床行為とは何かを語る

著者:東畑 開人
 
 

このページのトップへ