ホーム > アクティブラーニングを成功させる学級づくり

アクティブラーニングを成功させる学級づくり  新刊

「自ら学ぶ力」を着実に高める学習環境づくりとは

アクティブラーニングを成功させる学級づくり

アクティブラーニングを成功させるには「学級」のあり方が重要である。ALの効果を上げる学級をつくるための理論や実践方法を紹介

著者 河村 茂雄
ジャンル 教育・保育
出版年月日 2017/01/20
ISBN 9784414202212
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序章 〈本書の目的〉アクティブラーニングが実質化するために
 1 アクティブラーニングへのハードルは決して低くない
 2 本書の「アクティブラーニング」に対する考え方
 3 学びへのアプローチの深さと「授業改善」の必要性
 4 本当の“成果”を上げる「授業改善」とは

第1章 アクティブラーニングが求められる学習活動
 1 「アクティブラーニングを取り入れた授業」の意味
 2 これからの学習指導要領で変わってくること
 3 自ら学習する能力とは何か
 4 協同学習
 5 アクティブラーニングが活発に行われる状態の学級集団での学習とは
   -実践共同体での学び-
 6 これから求められる学習とは

第2章 アクティブラーニングを実質化させる学級集団とは
 1 アクティブラーニング実質化の前提として求められるもの
 2 アクティブラーニングを実質化させる学級集団の状態とは

第3章 アクティブラーニングが実質化する学級集団づくりとは
 1 アクティブラーニングが活発に行われる状態の学級集団
 2 アクティブラーニングが活発に行われる状態の学級集団づくり
 3 学級集団の発達段階から考える「理想の学級集団づくり」
 4 学級集団の発達段階から考える「理想の学級集団づくり」と協同学習の5つの課題

第4章 アクティブラーニングで求められる教員の指導行動
 1 従来型の教員の指導行動
 2 アクティブラーニング型授業の展開を目指す教員の指導行動とは
 3 学習指導と生徒指導との関連

第5章 現状の学校現場でアクティブラーニング型授業に取り組んでいく指針
 1 アクティブラーニング型授業を実施する際の学校現場の難しさ
 2 学級集団の現状に合わせた対応の指針
 3 自己調整学習・協同学習を踏まえた授業イメージ
 4 学校現場で真に取り組むべきこと

このページのトップへ

内容説明

「アクティブラーニング」を本当の意味で成功させるには、その実践の場である「学級」のあり方も、それに適したものとしていくことが必須である。アクティブラーニングを、単なる授業手法としてだけではなく、学級の構造も含めて考えていくことで、これからの社会に向けて、子どもたちが真に求められている能力を身につけることにつなげていきたい。そんな思いのもとに書かれた一冊。

このページのトップへ

関連書籍

教師のためのソーシャル・スキル

教師のためのソーシャル・スキル

子どもとの関係を深め良好な学級経営を実現

著者:河村 茂雄
 
学級崩壊に学ぶ

学級崩壊に学ぶ

心の教育を支える新しい学級経営の方法

著者:河村 茂雄
 
 
教師力 上

教師力 上

やめていく教師の赤裸々な思いを見つめる

著者:河村 茂雄
 
教師力 下

教師力 下

教師も一人の人間として生涯成長していく

著者:河村 茂雄
 
 
心のライフライン

心のライフライン

自分の人生をみつめるやさしいエクササイズ

著者:河村 茂雄
 
フリーター世代の自分探し

フリーター世代の自分探し

本当の自分を求めてもがく8人の若者の本音

著者:河村 茂雄 編著
 
 
変化に直面した教師たち

変化に直面した教師たち

学校改革の実態と試行錯誤する教師を描く

著者:河村 茂雄
 
 

このページのトップへ