ホーム > 産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル

産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル

ストレスチェックと連動した相談の進め方

産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル

ストレスチェックの概要、調査票の読み取り方、相談対応の進め方を解説。さらに相談対象者のセルフケア支援の方法も紹介した決定版

著者 島津 明人
種市 康太郎
ジャンル 臨床心理学 > 心理臨床一般
医療・看護
出版年月日 2016/09/10
ISBN 9784414416183
判型・ページ数 B5・168ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

編者まえがき

第1章 ストレスチェック制度の概要
 1 はじめに
 2 ストレスチェック制度に関する法令,ツール等
 3 ストレスチェックと面接指導の手順
 4 ストレスチェックの運用のポイント
 5 おわりに 

第2章 職業性ストレス簡易調査票(厚労省推奨版)の説明
 1 ストレスチェック制度と職業性ストレス簡易調査票
 2 職業性ストレス簡易調査票の構成
 3 職業性ストレス簡易調査票による評価方法

第3章 ストレスチェック結果の読み取り方と面談・相談対応の進め方
 1 ストレスチェック結果の読み取り方
 2 ストレスチェック結果に基づく面談・相談対応の進め方

第4章 プロフィールのパターンによるストレスチェック結果の解釈
 Part 1.量的負担が主なストレッサーとなっている例
 Part 2.質的負担が主なストレッサーとなっている例
 Part 3.人間関係が主なストレッサーとなっている例
 Part 4.キャリアの問題が主なストレッサーとなっている例
 Part 5.プライベートの問題が主なストレッサーとなっている例
 Part 6.ライフイベントが主なストレッサーとなっている例
 Part 7.故意に悪く見せかけようとしていることが疑われる例

第5章 対象者のニーズに合わせたセルフケアの支援方法
 Part1 感情のコントロール
 Part2 人間関係の円滑化
 Part3 パフォーマンスの向上
 Part4 キャリア支援
 Part5 動機づけの向上

編者あとがき

このページのトップへ

内容説明

2015年12月から従業員50人以上の企業に義務化された「ストレスチェック」の面接指導に関するマニュアル。ストレスチェックの概要、職業性ストレス簡易調査票(厚労省推奨版)に準拠した調査票の読み取り方、相談対応の進め方を解説。さらに相談対象者のセルフケア支援の方法も紹介した決定版。

このページのトップへ

関連書籍

職場のポジティブメンタルヘルス2

職場のポジティブメンタルヘルス2

最新理論が簡単にわかる好評書籍の第2弾

著者:島津 明人 編著
 
職場のストレスマネジメント(CD付き)

職場のストレスマネジメント(CD付き)

事業所の規模に合わせ3タイプの研修を収録

著者:島津 明人 編著
 
 
職場のポジティブメンタルヘルス

職場のポジティブメンタルヘルス

従業員のメンタルヘルス対策のヒントが満載

著者:島津 明人 編著
 
 

このページのトップへ