ホーム > 洞察と責任[改訳版]

洞察と責任[改訳版]

精神分析の臨床と倫理

洞察と責任[改訳版]

社会や文化を基盤にもつ、より広い人間論として精神分析をとらえる試み。臨床家はもちろん精神分析に関心があれば必読の古典的名著

著者 エリク・H・エリクソン
鑪 幹八郎
ジャンル 精神分析
出版年月日 2016/08/30
ISBN 9784414414646
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

まえがき
初稿発表書誌一覧

第1章 最初の精神分析家

第2章 臨床的エビデンスの特質

第3章 現代におけるアイデンティティと根こぎ感

第4章 人格的強さと世代のサイクル
 1 人格的活力の時間的展開
 2 発達進化と自我

第5章 心理的現実と歴史的かかわり関与性
 1 自我とかかわり関与性
 2 幼児のかかわり関与性と歴史的なかかわり関与性

第6章 黄金律の問題再考

訳者あとがき
文  献
索  引

このページのトップへ

内容説明

1971年刊行書籍の改訳版。発達理論で有名なエリク・H・エリクソンが、大学や学会で講演した原稿を集めた論文集。その内容は、精神分析の創始者フロイトの評論に始まり、現代社会におけるアイデンティティの問題、そして精神分析的に考えた倫理に及ぶなど、実に幅広い。エリクソンの理論に関心のある人はもちろん、精神分析的な思考を深めたい人にも役立つ好著。
原書名:Insight and Responsibility: Lectures on the Ethical Implications of Psychoanalytic Insight

このページのトップへ