ホーム > 実験心理学のための統計学[心理学のための統計学2]

実験心理学のための統計学[心理学のための統計学2]

t検定と分散分析

実験心理学のための統計学[心理学のための統計学2]

知覚、記憶、学習、感覚、認知、動物、感情に関する実験で必要となる概念を示しつつ、平均値の差を求める実際的な統計手法を示す。

著者 橋本 貴充
荘島 宏二郎
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学のための統計学
出版年月日 2016/07/10
ISBN 9784414301885
判型・ページ数 B5・144ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 知覚実験(ミュラー・リヤー錯視)――対応のあるt検定
 1.1 実験の概要
 1.2 実験条件と統制条件
 1.3 母集団と標本――「人」とは誰か?
 1.4 対応のあるt検定
 1.5 まとめ
 Quiz

第2章 記憶実験(記憶の二重貯蔵モデル)――対応のないt検定
 2.1 実験の概要
 2.2 独立変数,従属変数,剰余変数
 2.3 標本平均の差の分布
 2.4 対応のないt検定
 2.5 ウェルチの検定
 2.6 まとめ
 Quiz

第3章 学習実験(学習における結果の知識)――実験参加者間1要因分散分析
 3.1 実験の概要
 3.2 無作為割り当て
 3.3 実験参加者間要因と実験参加者内要因
 3.4 実験参加者間1要因の分散分析
 3.5 まとめ
 Quiz 

第4章 感覚実験(触二点閾)――実験参加者内1要因分散分析
 4.1 実験の概要
 4.2 心理物理学的測定法
 4.3 固定効果要因と変量効果要因
 4.4 実験参加者内1要因分散分析
 4.5 まとめ
 Quiz

第5章 認知実験(テスト予告が記憶テストに与える影響)――実験参加者間2要因分散分析
 5.1 実験の概要
 5.2 倫理的配慮
 5.3 交互作用と主効果
 5.4 実験参加者間2要因分散分析
 5.5 まとめ
 Quiz

第6章 動物実験(脳と空間学習)――混合計画2要因分散分析
 6.1 実験の概要
 6.2 動物実験
 6.3 混合計画
 6.4 混合計画2要因分散分析
 6.5 まとめ
 Quiz

第7章 感情実験(悪評はいかに覆しがたいか)――実験参加者内2要因分散分析
 7.1 実験の概要
 7.2 実験の妥当性
 7.3 実験参加者内2要因分散分析
 7.4 まとめ
 Quiz

付  録
 1.t分布表(有意水準5%の両側検定の臨界値)
 2.F分布表(有意水準5%の片側検定の臨界値)
 3.スチューデント化範囲分布表(有意水準5%の臨界値)
 4.各章のQuizの解答

索引

このページのトップへ

内容説明

知覚、記憶、学習、感覚、認知、動物、感情に関する実験で必要となる概念を示しつつ、平均値の差を求める実際的な統計手法を示す。帰無仮説や棄却域など、心理学実験で必須の事項を身に付けられる。

◎本書の学習を楽しくサポートする「伴走サイト」はこちら!

心理学のための統計学

このページのトップへ

関連書籍

社会心理学のための統計学[心理学のための統計学3]

社会心理学のための統計学[心理学のための統計学3]

心を測定し行動を予測する統計の技がわかる

 
心理学のための統計学入門[心理学のための統計学1]

心理学のための統計学入門[心理学のための統計学1]

統計学の初めの一歩を強力にサポートする

 
 
教育心理学のための統計学[心理学のための統計学4]

教育心理学のための統計学[心理学のための統計学4]

望ましいテストの作り方、分析方法を解説

 
パーソナリティ心理学のための統計学[心理学のための統計学6]

パーソナリティ心理学のための統計学[心理学のための統計学6]

院生向けにSEMを限界までかみ砕いて解説

 
 
発達心理学のための統計学[心理学のための統計学7]

発達心理学のための統計学[心理学のための統計学7]

欠測データを埋めて真の発達軌跡をとらえる

 
犯罪心理学のための統計学[心理学のための統計学9]

犯罪心理学のための統計学[心理学のための統計学9]

科警研技官がプロファイリングの実際を示す

 
 

このページのトップへ