ホーム > 医療関係者のための信念対立解明アプローチ

医療関係者のための信念対立解明アプローチ (電子書籍)

コミュニケーション・スキル入門

医療関係者のための信念対立解明アプローチ

医療現場で起こる不毛な「信念対立」の争点を解明し、その対立を軽減・解決へ導くための方法論を、豊富な想定問答事例とともに開示

著者 京極 真
ジャンル 医療・看護
電子書籍
出版年月日 2011/09/10
Cコード 3047
判型・ページ数 308ページ
在庫 在庫あり
フォーマット 価格
電子書籍 -
単行本 3,500円+税
 

目次

第Ⅰ部 理論編

講義1 信念対立とはどんな問題?
 1 問題意識を共有しよう!
 2 信念対立の具体例
 3 信念対立とは何か
 4 信念対立と倫理的ジレンマの異同

講義2 構造構成学とは何か
 1 医療保健福祉領域における構造構成学の展開
 2 なぜ構造構成学なのか
 3 構造構成学の中核原理
 4 構造と志向相関性、そして解明術

講義3 信念対立を解明するとはどういうことか──解明論
 1 「解決」ではなく「解明」
 2 解決と解明の違い
 3 構造構成学は人間諸科学の信念対立をいかにして解明するのか──研究評価の信念対立を例に
 4 解明は一人でもできる可能性がある
 5 信念対立解明アプローチにおける解明の基礎技法の整備に向けて

講義4 人間とは何か──構造構成的人間論
 1 人間論というテーマ
 2 従来の人間論──シェーラーの人間類型論
 3 人間とは何か
 4 ヘーゲル人間論と構造構成的人間論の異同
 5 「講義5」に向けて

講義5 信念対立解明の諸条件──条件論
 1 信念とは何か
 2 どのような信念が信念対立化するのか
 3 疑義の余地なき信念が成立する条件(契機)
 4 信念対立化する信念が備える特徴
 5 信念対立解明の諸条件
 6 信念対立解明の諸条件の理解の仕方

第Ⅱ部 技法論編

講義6 解明師の「構え」をつくる──解明態度
 1 なぜ「構え」が必要なのか
 2 解明態度とは何か
 3 解明態度壱号のトレーニング法
 4 解明態度弐号のトレーニング法
 5 解明態度参号のトレーニング法

講義7 信念対立解明アプローチに通底するコミュニケーション・スキル──解明交流法
 1 解明交流法とは何か
 2 傾聴技法
 3 共感技法
 4 質問技法

講義8 信念対立解明アプローチのアセスメント──解明評価
 1 解明評価とは何か
 2 解明評価の種類
 3 信念対立の主題は何か
 4 関係者は誰か
 5 信念対立する人々が持つ信念を把握する方法
 6 信念対立化した信念の志向性を理解する方法
 7 人々の諸信念と志向性の構成に、どのような契機が影響しているのか
 8 信念対立の全体像はどうなっているのか

講義9 信念対立解明アプローチの基礎技法──解明術壱号
 1 解明術壱号とは何か
 2 解明術壱号の具体的方法
 3 まとめ

講義10 信念対立解明アプローチの基礎技法──解明術弐号
 1 メリットだけでなくリスクも勘案する
 2 解明術弐号の具体的方法
 3 まとめ

講義11 信念対立解明アプローチの基礎技法──解明術参号
 1 相互了解可能性が担保された回路を構築すること
 2 解明術参号の具体的方法

第Ⅲ部 仕上げ編

講義12 解明評価スキルアップ・トレーニング
 1 認められて否定された事例
 2 自宅出産にこだわる事例
 3 理想と現実のギャップで悩む事例
 4 素っ気ない患者への対応に悩む事例
 5 なかなか成長しない自分に苦しむ事例
 6 職場でイライラする自分をどうにかしたい事例
 7 存在不安におびえる事例

講義13 解明術スキルアップ・トレーニング
 1 部下との間で信念対立が生じた事例
 2 同僚との間で信念対立が生じた事例
 3 上司との間で信念対立が生じた事例
 4 権威者との間で信念対立が生じた事例
 5 チームで信念対立が生じた事例
 6 患者との間で信念対立が生じた事例
 7 解明師の自滅によって信念対立が生じた事例

講義14 信念対立解明アプローチとは何か
 1 信念対立解明アプローチとは、何ではないのか
 2 信念対立解明アプローチとは何か

このページのトップへ

内容説明

医療関係者であれば、一度は体験する信念対立。自己の信念を疑うことなく強硬に主張する当事者同士の争いは、不幸にも周囲のスタッフや患者をも巻き込み、結果的に最善の医療を提供するという目標から医療者を遠ざけてしまう。この不毛な「信念対立」の争点を解明し、その対立を軽減・解決へ導くための方法論を、豊富な想定問答事例とともに開示。構造構成主義の旗手が満を持して書き下ろす、医療関係者のための、ポジティブで仕事のしやすい職場を再生するための書。

このページのトップへ

関連書籍

医療関係者のためのトラブル対応術

医療関係者のためのトラブル対応術

頻出するトラブルを厳選し、解明手法を提示

著者:京極 真
 
作業療法士のための非構成的評価トレーニングブック

作業療法士のための非構成的評価トレーニングブック

誰でも使える作業療法評価法の新しい技術

著者:京極 真
 
 
作業療法士・理学療法士臨床実習ガイドブック

作業療法士・理学療法士臨床実習ガイドブック

実習のAtoZが把握できる実習生座右の書

著者:京極 真 編著
鈴木 憲雄 編著
 
 

このページのトップへ