ホーム > 犯罪心理学のための統計学[心理学のための統計学9]

犯罪心理学のための統計学[心理学のための統計学9]

犯人のココロをさぐる

犯罪心理学のための統計学[心理学のための統計学9]

犯人像の絞り込みを行うプロファイラーが、多次元尺度法、決定木、ナイーブベイズ、生存時間分析など、現場で活きる統計学を解説

著者 松田 いづみ
荘島 宏二郎
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学のための統計学
出版年月日 2015/03/25
ISBN 9784414301953
判型・ページ数 B5・140ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 事件をリンクする――多次元尺度法
 1.1 犯罪捜査と犯罪者プロファイリング
 1.2 事件リンク分析による同一犯の推定
 1.3 事件リンク分析のためのデータ例
 1.4 事件間の類似度の測定  
 1.5 MDSによる複数の事件間の類似度の表現
 1.6 MDSによる犯人像の推定
 1.7 まとめ
 Quiz

第2章 犯人像を予測する――決定木分析
 2.1 犯人像の推定
 2.2 決定木による前科の推定
 2.3 前科を推定するためのデータベース例
 2.4 決定木による前科推定モデルの作成
 2.5 木の育て方
 2.6 木の検証
 2.7 最終的な決定木と捜査中の事件への適用
 2.8 まとめ
 Quiz

第3章 生理反応から犯人の記憶をさぐる――ナイーブベイズ法
 3.1 ポリグラフ検査とは
 3.2 ポリグラフ検査における生理反応
 3.3 ポリグラフ検査のデータ例
 3.4 ベイズ法による心拍数からの記憶の判定
 3.5 ナイーブベイズ法による複数の指標の統合
 3.6 ベイズファクターによる結論の評価
 3.7 事前確率の更新
 3.8 まとめ
 Quiz

第4章 脳波から犯人の記憶をさぐる――ブートストラップ法
 4.1 脳活動による記憶検出
 4.2 脳波と事象関連電位(ERP)
 4.3 ERPによる記憶検出の例 
 4.4 ブートストラップ法によるERPデータの判定
 4.5 ブートストラップ分布の偏り
 4.6 ブートストラップ信頼区間
 Quiz

第5章 量刑判断の影響要因をさぐる――数量化Ⅰ類・Ⅱ類
 5.1 裁判員裁判と量刑
 5.2 数量化理論
 5.3 裁判員裁判のデータ例
 5.4 数量化Ⅰ類による懲役年数の説明
 5.5 数量化Ⅱ類による懲役年数の判別
 5.6 まとめ
 Quiz

第6章 再犯リスク要因を特定する――生存時間分析
 6.1 罪を犯した人の処遇
 6.2 再犯リスク要因
 6.3 生存時間分析の概要
 6.4 再犯データの例
 6.5 再犯率の推移を示すカプラン・マイヤープロット
 6.6 複数の再犯リスク要因を調べるCox比例ハザード分析
 6.7 矯正教育とエビデンス
 6.8 まとめ
 Quiz

第7章 犯罪を予防する――地理空間分析
 7.1 地理情報による犯罪予防
 7.2 犯罪発生地点のデータ例
 7.3 犯罪発生地点のランダム性の検討
 7.4 犯罪発生件数の空間的自己相関
 7.5 犯罪発生分布のカーネル密度推定
 7.6 まとめ
 Quiz

付  録
各章のQuizの解答

索引

このページのトップへ

内容説明

連続暴行事件の犯人は同一犯なのか模倣犯なのか、初犯なのか再犯なのか。犯人像絞り込みに使う様々な統計手法を紹介しつつ、捜査員に的確な情報を伝えるプロファイラーの仕事内容も教えてくれる実践書。本書では多次元尺度法、決定木、ナイーブベイズ、ブートストラップ、数量化理論、生存時間分析、地理空間分析など、犯罪心理学系の学会でも発表の多い手法を中心に解説している。

◎本書の学習を楽しくサポートする「伴走サイト」はこちら!

心理学のための統計学

このページのトップへ

関連書籍

社会心理学のための統計学[心理学のための統計学3]

社会心理学のための統計学[心理学のための統計学3]

心を測定し行動を予測する統計の技がわかる

 
実験心理学のための統計学[心理学のための統計学2]

実験心理学のための統計学[心理学のための統計学2]

複数の条件の平均値の比べ方が理解できる

 
 
教育心理学のための統計学[心理学のための統計学4]

教育心理学のための統計学[心理学のための統計学4]

望ましいテストの作り方、分析方法を解説

 
心理学のための統計学入門[心理学のための統計学1]

心理学のための統計学入門[心理学のための統計学1]

統計学の初めの一歩を強力にサポートする

 
 
パーソナリティ心理学のための統計学[心理学のための統計学6]

パーソナリティ心理学のための統計学[心理学のための統計学6]

院生向けにSEMを限界までかみ砕いて解説

 
発達心理学のための統計学[心理学のための統計学7]

発達心理学のための統計学[心理学のための統計学7]

欠測データを埋めて真の発達軌跡をとらえる

 
 

このページのトップへ