ホーム > なつかしさの心理学

なつかしさの心理学

思い出と感情

なつかしさの心理学

なつかしさ感情の不思議と魅力を、認知、記憶、臨床、司法、マーケティング等、オリジナルな研究に基づいて解説

著者 日本心理学会 監修
楠見 孝
ジャンル 心理学一般
シリーズ 心理学叢書
出版年月日 2014/05/25
ISBN 9784414311129
判型・ページ数 A5・166ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第1章 なつかしさの心理学――記憶と感情、その意義
 1 はじめに
 2 なつかしさとは
 3 なつかしさを支える記憶過程
 4 なつかしさを引き起こすきっかけ 
 5 なつかしさのプロセス
 6 昔をなつかしむ傾向の個人差
 7 まとめ――現代社会におけるなつかしさの意義

第2章 人はなぜなつかしさを感じるのか
 1 はじめに
 2 ノスタルジアとは
 3 個人的ノスタルジアに関する心理学的研究
 4 ノスタルジアの機能
 5 ノスタルジアを支える記憶システム
 6 ノスタルジアに関わる感情
 7 まとめ

第3章 消費者行動研究からみたノスタルジア
 1 消費者行動研究における「ノスタルジア」とは
 2 ノスタルジアの分類と「なつかしさ」の関係
 3 個人的ノスタルジアと歴史的ノスタルジアの比較
 4 消費者が感じるノスタルジア

第4章 なつかしいものはどのように記憶に残るか
 1 はじめに
 2 なつかしさを利用した広告
 3 なつかしさは伝染するか
 4 植え付けられたなつかしさがどのように記憶に残るか
 5 広告業界以外へのなつかしさの利用
 6 なつかしいものはどのように記憶に残るか

第5章 なつかしいものがなぜ好きになるのか
 1 はじめに
 2 なつかしさとポジティブ感情
 3 なつかしさと単純接触効果
 4 お寺のシーン画像への反復接触と既知感によるなつかしさと選好
 5 集中提示とインターバルによるなつかしさ喚起
 6 対連合によるなつかしさ感情の般化
 7 まとめ

第6章 なつかしさと記憶、臨床的応用
 1 なつかしさと記憶との関係
 2 なつかしさが記憶に与える影響
 3 なつかしい記憶の機能
 4 なつかしさの臨床的応用

第7章 なつかしい記憶となつかしくならない記憶
 1 なつかしい思い出
 2 最初の調査――中学生と卒業生の記憶
 3 さらなる調査――思い出の中の事物と面積の関係
 4 なつかしくならない記憶

執筆者
楠見 孝【第1章】
川口 潤【第2章】
牧野 圭子【第3章】
杉森 絵里子【第4章】
松田 憲【第5章】
瀧川 真也【第6章】
仲 真紀子【第7章】

このページのトップへ

内容説明

なつかしさという不思議な感情について、理学における認知、記憶、感情、社会、臨床、マーケティング、司法などの分野のオリジナルな研究に基づいてこたえようとした本邦初の解説本。
正誤表

 

このページのトップへ

関連書籍

超高齢社会を生きる

超高齢社会を生きる

老いをよりよく支えるための心理学的な指針

 
 
震災後の親子を支える

震災後の親子を支える

今日の被災者支援に必要なものが見えてくる

 
地域と職場で支える被災地支援

地域と職場で支える被災地支援

被災者の心理的支援に役立つヒントが満載

 
 
高校生のための心理学講座

高校生のための心理学講座

心理学の面白さを実験中心に初学者に伝える

 
思いやりはどこから来るの?

思いやりはどこから来るの?

ヒトが人を助けることの不思議を解き明かす

 
 
無縁社会のゆくえ

無縁社会のゆくえ

人の縁が消える原因と問題解決の糸口を考察

 
本当のかしこさとは何か

本当のかしこさとは何か

感情をめぐる知性の育て方と活かし方

 
 

このページのトップへ