ホーム > 非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

治療教育の実践

非行・犯罪心理臨床におけるグループの活用

子どもと成人を対象とした矯正プログラム実践の歴史と実施する際の心得をまとめる。矯正教育に携わる専門職のための実践の指南書

著者 藤岡 淳子
ジャンル 臨床心理学 > 非行・犯罪
出版年月日 2014/04/15
ISBN 9784414400830
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 非行・犯罪への教育プログラム介入を支える理論と実践の展開
 第1節 初期の非行・犯罪原因論から改善更生主義へ
 第2節 効果評価研究――矯正無効論から矯正有効論へ、そして何が効果的か
 第3節 科学的根拠に基づくプログラム
 第4節 現在の日本の状況と本書の立場――統合的犯罪離脱理論に基づいて

第2章 自己と関係性の発達と非行・犯罪――育つためのグループとは?
 第1節 感情と認知、自己と対人関係の発達からみた非行
 第2節 衝動・欲求統制と非行・犯罪行動
 第3節 育つためのグループとは?

第3章 決意の段階から機能回復の段階まで――子どもと少年の場合
 第1節 非行・犯罪をやめようという決意が生じるとき
 第2節 治療教育プログラムの実際

第4章 児童自立支援施設での少女を対象とした治療教育プログラム
 第1節 男子グループと女子グループは異なるか
 第2節 女子グループの実際
 第3節 非行のある少年少女の教育グループをリードするコツ

第5章 刑務所内での治療教育グループの実践
 第1節 刑務所と受刑者に関する基礎知識
 第2節 矯正施設内におけるグループ教育プログラムの歴史的展開
 第3節 心理士・福祉士として刑務所で働くということ――刑務所で勤務する民間心理士の感想から
 第4節 官民協働刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」における治療教育プログラム

第6章 決意から機能回復、そして社会再参加へ――刑務所内治療共同体の試み
 第1節 ノルウェーの刑務所を見て考えたこと
 第2節 治療(回復)共同体とは
 第3節 回復共同体の実践

第7章 社会再参加――普通の暮らしへ
 第1節 保護者支援――犯罪とその衝撃に巻き込まれる家族
 第2節 当事者グループ
 第3節 社会再参加から普通の暮らしへの移行を支援するネットワーク作り
 第4節 おわりにかえて

このページのトップへ

内容説明

児童自立支援施設や少年院、刑務所において矯正教育の第一線を歩んできた著者が、矯正教育の歴史的・理論的展開を振り返るとともに、これまで行ってきたグループの実践を概括する。さらに官民協働(PFI)刑務所のひとつである島根あさひ社会復帰促進センターで治療教育システムを立ち上げた貴重な経験をまとめた矯正教育に携わる人のための必読書。

このページのトップへ

関連書籍

グッドライフ・モデル

グッドライフ・モデル

自分と向き合い、人生の目標を模索する

 
 
被害者-加害者調停ハンドブック

被害者-加害者調停ハンドブック

調停プログラムの分析から導入方法を探る

 
性暴力の理解と治療教育

性暴力の理解と治療教育

性犯罪者の再犯防止に挑む矯正教育の最前線

著者:藤岡 淳子
 
 
包括システムによるロールシャッハ臨床

包括システムによるロールシャッハ臨床

長年司法現場で使いこなした著者の入門書.

著者:藤岡 淳子
 
非行少年の加害と被害

非行少年の加害と被害

非行は彼らが選ばざるを得なかった生き方

著者:藤岡 淳子
 
 
被害者と加害者の対話による回復を求めて

被害者と加害者の対話による回復を求めて

被害者の痛みを知る事で犯罪の再犯を防ぐ

著者:藤岡 淳子 編著
 
 

このページのトップへ