ホーム > 知っておきたい精神医学の基礎知識[第2版]

知っておきたい精神医学の基礎知識[第2版]

サイコロジストとメディカルスタッフのために

知っておきたい精神医学の基礎知識[第2版]

疾患の症状や治療法などの実践的な知識を収め、処方薬、関連法なども網羅。第2版では認知行動療法とチーム医療の記述を強化した

著者 上島 国利
上別府 圭子
平島 奈津子
ジャンル 精神医学
出版年月日 2013/08/20
ISBN 9784414428643
判型・ページ数 A5・528ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第Ⅰ章 精神医学を理解するための基礎知識
 1 精神医学の概念
 2 精神医学の歴史
 3 患者の人権と倫理
 4 精神障害の成因と分類
 5 脳と神経の機能と形態
 6 睡眠と覚醒
 7 ライフ・サイクルと発達課題
 8 心的防衛機制とコーピング
 9 パーソナリティ

第Ⅱ章 精神科診断学の基礎知識
 1 精神科診断の進め方
 2 理化学的検査
 3 心理検査
 4 神経心理学的検査

第Ⅲ章 精神科症状学の基礎知識
 1 精神症状の把握の仕方
 2 疎通性と病識
 3 主な精神症状
 4 精神症状評価尺度
 5 脳と神経の症状――高次脳機能障害/脳局在症候群

第Ⅳ章 精神疾患の基礎知識
 1 統合失調症
 2 妄想性障害
 3 感情障害
 4 器質性・症状性精神障害
 5 てんかん
 6 精神作用物質による精神障害
 7 神経性障害,ストレス関連障害および身体表現性障害
 8 性に関する精神障害
 9 虚偽性障害
 10 心身症
 11 摂食障害
 12 睡眠障害
 13 パーソナリティ障害
 14 乳幼児の精神疾患
 15 児童・思春期の精神障害
 16 老年期の精神障害

第Ⅴ章 精神科治療の基礎知識
 1 心理療法
 2 薬物療法
 3 その他の生物学的治療
 4 精神科心理社会的療法

第Ⅵ章 精神科関連の法と制度の基礎知識
 1 精神保健福祉法
 2 麻薬及び向精神薬取締法
 3 覚せい剤取締法
 4 心神喪失者等医療観察法
 5 精神障害者のための資格取得制限(欠格条項)
 6 成年後見制度
 7 その他
 8 司法精神医学

第Ⅶ章 臨床心理学と精神医学との接点
 1 精神医学の関連領域
 2 サイコロジストと精神科医との連携
 3 精神科チーム医療
 4 精神科チーム医療のなかでの臨床心理士の仕事

このページのトップへ

内容説明

医療、保健、福祉の臨床現場で働くサイコロジストやメディカルスタッフに必要な精神医学の基礎知識を、コンパクトにわかりやすくまとめたガイドブック。精神疾患はもちろん、診断学、症状学、治療法、処方薬の効能や禁忌、関連法と制度やチーム医療の在り方など、「これだけはぜひ知っておきたい基礎知識」を網羅している。現在の臨床現場で欠かすことのできない最新の薬の知識など、単なる理論の紹介や学問の流れではなく、実践現場でいかに役立つかに重点をおいて編集されている。第2版では、精神科ソーシャルワーカーや臨床心理士のあり方をより具体的に紹介し、また保険点数化された認知行動療法の記述を強化している。

このページのトップへ